ヘルムート・ブラニー(指揮) ドレスデン国立歌劇場室内管弦楽団

コンサートもマーケットも、古都ドレスデンのクリスマスに浸る夜

ドレスデン国立歌劇場室内管弦楽団

 12月になると音楽シーンにも本格的なクリスマス・シーズンが到来。「第九」公演と並んで多彩なプログラムによるクリスマス・コンサートが、聴き手の心を温めてくれる。日本でも多くのファンを有するシュターツカペレ・ドレスデン(ドレスデン国立歌劇場管弦楽団)の室内オーケストラによる公演は、クラシックの名曲でこの時期を祝うと同時に、落ち着いた古都のサウンドを堪能できるプログラムだ。

 パッヘルベルの「カノン」で始まるコンサートは、麗しい弦楽の響きで心が躍るモーツァルトのディヴェルティメント(K.136)、優美な曲調で幕を開ける交響曲第29番と続き、後半はヴィヴァルディの「四季」より〈冬〉へ。そして、ユニークなフィナーレで笑いを誘いそうなハイドンの「告別」交響曲を演奏し、バロックから古典派音楽のエッセンスを聴かせてくれる。指揮台に立つのはシュターツカペレ・ドレスデンのコントラバス奏者であり、この室内管弦楽団を創設したヘルムート・ブラニー。つまり“ドレスデンのファミリーたち”による伝統のサウンドが、幸福なオーラとなってホールにあふれるということだ。

 さらにはホールのホワイエに、このコンサートならではの「クリスマス・マーケット」が出現。洒落たドイツのクリスマス・グッズなどが並び、気分を盛り上げてくれるだろう。輝かしい当日の演奏も、音楽家たちからのクリスマス・プレゼントだ。
文:オヤマダアツシ
(ぶらあぼ2019年12月号より)

2019.12/3(火)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:ジャパン・アーツぴあ0570-00-1212 
https://www.japanarts.co.jp/
※全国公演の詳細は上記ウェブサイトでご確認ください。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]