由美の部屋 〜旅するフルート〜Vol.2 池田理代子さんをお招きして 〜ベルサイユの夢、王宮の旅〜

フルートと歌でフランス宮廷文化の魅力に触れる

C)岡本卓也

 “聴く人を幸せな気持ちにするフルーティスト”として、第一線で活躍し続ける山形由美が、新たな音楽の楽しみ方を提案するコンサート・シリーズ「由美の部屋」。第2弾は、『ベルサイユのばら』など数々のヒット作を生んだ漫画家で、声楽家でもある池田理代子をゲストに迎え、煌びやかなフランス宮廷文化にスポットを当てる。

 ステージは2部構成。その第1部は、「夢の舞台、ベルサイユ」と題して。池田と、ずっと『ベルサイユのばら』を愛読してきたという山形が、華麗なるブルボン王朝の成り立ちから、そこで花開いた宮廷音楽、そして『ベルばら』の裏話まで、多彩に語り尽くす。

 第2部では、山形のフルートに、チェンバロの長久真実子とチェロの高群輝夫を交えて。フランソワ・クープラン「王宮のコンセール第4番」やリュリ「パッサカイユ」、マラン・マレ「ラ・フォリア」ほか、絢爛豪華な「鏡の間」でも奏でられたであろうベルサイユ楽派の佳品を軸に披露。ソプラノ歌手として共演する、池田との“夢の顔合わせ”も要注目だ。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年11月号より)

2019.11/29(金)19:00 サントリーホール ブルーローズ(小)
問:コンサートイマジン03-3235-3777 
http://www.concert.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part2
      on 2019/12/06 at 01:43

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィに話をうかがうロング・インタビュー。後半戦はN響とのレコーディングや、2020年2〜3月に控えたヨーロッパツアーについて、じっくりと語っていただく。 ── パーヴォさんの指揮するN響のCDのなかで、バルトークにとりわけ強い感銘を受けました。これまでに発売されたもののなかでは唯一、完全にロ [&#8230 […]