サラマンカホールが弦楽器貸与プロジェクトを始動

 今年、開館25周年を迎えたサラマンカホール(岐阜市)が、音楽家を目指す若者たち、さらなる研鑽を積む意欲ある弦楽器奏者たちの支援・育成を目的として、「ぎふ弦楽器貸与プロジェクト《STROAN》」を始動する。同ホールが愛知県在住の音楽愛好家から寄贈を受けた、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ計40挺を、弦楽器を学ぶ人たちに無償で貸与するという新たな試み。日本、イタリア、ポルトガル、フランスの製作者たちによる弦楽器は「サラマンカホール清流コレクション」と名づけられた。貸与期間は原則として2年。また、楽器の貸し出しにとどまらず、弦楽器のワークショップやマスタークラス、コンサートを企画し、コレクションの楽器が同ホールで演奏される機会を提供する。

ぎふ弦楽器貸与プロジェクト《STROAN》
https://salamanca-stroan.gifu-fureai.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part2
      on 2019/12/06 at 01:43

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィに話をうかがうロング・インタビュー。後半戦はN響とのレコーディングや、2020年2〜3月に控えたヨーロッパツアーについて、じっくりと語っていただく。 ── パーヴォさんの指揮するN響のCDのなかで、バルトークにとりわけ強い感銘を受けました。これまでに発売されたもののなかでは唯一、完全にロ [&#8230 […]