マルセロ・アルバレス(テノール) スペシャル・コンサート&リサイタル

力強く劇的なのに美しい歌を聴かせる稀有なテノール

 2011年、東日本大震災直後で歌手のキャンセルが相次いだボローニャ歌劇場公演で、急遽代役として《カルメン》に出演、すばらしいドン・ホセを歌って日本人に勇気を与えてくれたマルセロ・アルバレス。待ち望まれた来日が8年ぶりに実現する。筆者がアルバレスを初めて聴いたのは1997年、ジェノヴァでの《リゴレット》で、艶と輝きがある若々しい美声と端正な表現が強く印象に残った。

 当初はベルカント・オペラやフランスの抒情的作品で存在感を示し、来日も何度か重ねたが、2000年代半ばごろからドラマティックな役柄へとレパートリーを移した。これは声を失うリスクも伴う危険な道だが、アルバレスほどこの転換に成功したテノールを筆者は知らない。劇的に響くようになった声には、いまも艶やかな色彩や輝きが同居し、かつ柔軟なのだ。そんな声をもてたのは天性の資質に加え、知性と努力の賜物だろう。インタビューする機会があり、その際に、医師の助言に耳を傾け、慎重にレパートリーを選んでいること、歌へのアプローチは相変わらずベルカントで、時間をかけてフレージングを磨いていることを強調した。

 それだけに、オーケストラ(カメル・カハーン指揮東京ニューシティ管弦楽団)のもと(大阪はカハーンのピアノ伴奏)、アルバレスが《ル・シッド》の〈おお、裁きの神〉や《道化師》の〈衣装をつけろ〉、《トゥーランドット》の〈誰も寝てはならぬ〉といったドラマティックなアリアの数々を歌うのを聴けるのは、本当に楽しみだ。力強く圧倒的な響きなのに美しい――。そんな、天が二物を与えたようなテノールは、ほかに見当たらないから。
文:香原斗志
(ぶらあぼ2019年2月号より)

2019.2/7(木)19:00 東京オペラシティ コンサートホール(テイト・チケットセンター03-6379-3144)
2/10(日)17:00 愛知県芸術劇場 コンサートホール(中京テレビ事業052-588-4477)
2/13(水)18:30 大阪/フェスティバルホール(フォルテ音楽事務所06-6375-7431)

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]