【CD】ウェニャン:ラプソディ/田端直美

 オオサカ・シオン・ウインドオーケストラの花形奏者の3枚目のソロCD。サクソフォンの重要レパートリーとオーボエ関連の作品を中心としたクラシカルな構成がなされている。全体に繊細かつ引き締まった格調高い演奏が展開されており、音楽的な妙味十分。大定番のグラズノフの協奏曲や現代曲ながら人気の高いウェニャン作品等のオリジナル曲では、深く多彩な表現を聴かせ、映画『ベニスの愛』で知られるマルチェッロの協奏曲等のアレンジものも、チャーミングで清新なサクソフォン作品として楽しませる。管楽器ファン以外の方も堪能できる好盤。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年2月号より)

【information】
CD『ウェニャン:ラプソディ/田端直美』

ウェニャン:ラプソディ/マルチェッロ:協奏曲(原曲:オーボエ協奏曲)/グラズノフ:サクソフォン協奏曲/ラヴェル:ソナチネ/ヴィラ=ロボス:ファンタジア/チマローザ:シチリアーナ

田端直美(サクソフォン)
白石光隆(ピアノ)

マイスター・ミュージック
MM-4047 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]