「Duo J」 中澤きみ子(ヴァイオリン) & 大須賀恵里(ピアノ) “大人に贈る素敵な午後”

“熟女”たちが届ける艶やかな名曲の花束

左:中澤きみ子 右:大須賀恵里

 これぞ、上質な大人の時間。卓越した“モーツァルト弾き”として国際的な活躍を続けるヴァイオリンの中澤きみ子と、室内楽の名手として国内外の巨匠たちと共演を重ねるピアノの大須賀恵里。自称「熟女」の2人の名手による「Duo J」が2回目のコンサートを開き、楽しいお喋りを交えながら、艶やかな名曲の花束を届けてくれる(ちなみにJは熟女の頭文字とのこと)。
 新潟大学からザルツブルク・モーツァルテウム音楽院に学び、ウィーン室内管弦楽団との協奏曲、ピアノのイェルク・デームスとのソナタ、それぞれのモーツァルト全集録音が高い評価を得ている中澤。夫・宗幸が、東日本大震災の流木から製作したTSUNAMIヴァイオリンを携え、その記憶を“弾き”継ぐ活動にも力を注いでいる。
 かたや、大須賀は桐朋学園大学を卒業し、1995年にはニューヨーク・フィルのメンバーによる「ザ・ニューヨーク・トリオ」のメンバーとして活躍。「Andiamo」室内楽演奏会を主催するなど、室内楽に主軸を置き、後進の指導・育成にも尽力する。そんな気の合う2人による「Duo J」が、昨年6月に開いた初コンサート。珠玉の名曲にトークを交えたステージは、満席御礼の大盛況となった。
 「ぜひシリーズ化を」という熱い要望に応えての第2弾。今回は、ブラームスの第1番「雨の歌」、ベートーヴェンの第3番、ヘンデルの第4番、3つの名ヴァイオリン・ソナタにドヴォルザーク「ソナチネ」と、バロックからロマン派までの傑作を選りすぐって。もちろん、熟年の2人ならではのお洒落なトークもたっぷりと。よりパワーアップした「Duo J」と、素敵な時間を過ごしたい。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年10月号より)

2018.10/7(日)14:00 Hakuju Hall
問:コンサートオフィスアルテ03-3352-7310  
http://kimiko-vn.net/ 
http://eriosuka.sakura.ne.jp/