グスターボ・ドゥダメル(指揮)

スカラ座でヴェルディのスコアと向き合えるなんて最高です!

Dudamel ヴェルディ・イヤーのトピックの一つといえるのが、9月に行われるミラノ・スカラ座日本公演。バルバラ・フリットリやレオ・ヌッチなど錚々たるキャスティングもさることながら、大きな話題は、指揮者に新世代のマエストロ2人が起用されていることだ。《リゴレット》を振るのが、今や世界的に注目を集めるグスターボ・ドゥダメル。オペラで彼がいかなる手腕をふるうのか興味は尽きない。このインタビューは昨年末にミラノでの《リゴレット》上演直前に行ったものだ。

《リゴレット》を任されたグスターボ・ドゥダメルは、開演まであと30分となっても楽屋を出たり入ったりまったく落ち着きがない。本番までもうあまり時間がないのに何をしているのだと問えば、「時間があるから歌手のオーディションをしています」とこちらを見ずに応える。本番前、話を聞きたいと30分だけ時間をもらっていた。刻々とその時間が削られていく。
「インタビューですね、わかっています。すぐに戻りますから!」はじめてこちらを見て微笑み、また楽屋を飛び出していった。その素顔には汗が滴っている。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]