第447回 日経ミューズサロン ヴァハン・マルディロシアン(ピアノ)

数々の巨匠たちを魅了してきたピアニズム

©Jean Marie Juan

©Jean Marie Juan

 ヴァハン・マルディロシアンは、その卓越した音楽センスと技巧で、聴衆のみならず、ロストロポーヴィチら共演した巨匠たちをも魅了してきた名ピアニスト。昨年はNHK交響楽団を振るなど、指揮者としての注目度も急上昇中だ。そんな多才な名匠がピアニストとして、日経ミューズサロンへ登場。数々の名旋律を、繊細なタッチで織り上げる。
 アルメニア出身、パリ音楽院でジャック・ルヴィエに師事し、早くからピアノと指揮の両方で頭角を現し、ピアノではソロはもちろん、室内楽でも名演を重ねている。特に「最高のパートナー」と公言し、絶大な信頼を寄せているのが、ヴァイオリン界の重鎮イヴリー・ギトリス。今回のステージには何と、その93歳の巨匠が“友情出演”し、クライスラー「愛の悲しみ」などで共演。もちろん、4つの即興曲(op.90)やソナタ第14番とシューベルト、さらに、3つのノクターン(op.9)やポロネーズ第3番「軍隊」とショパンの作品を通じ、ソロ・ピアニストとしての魅力も存分に発揮する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年3月号から)

4/27(水)18:30 日経ホール
問:日経ミューズサロン事務局03-3943-7066
http://www.nikkei-hall.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]