Tag Archive for 高橋アキ

【CD】高橋アキ プレイズ ハイパー・ビートルズ volume Ⅱ

 団塊の世代の音楽のアイコン、ビートルズのナンバーを、高橋アキやその夫・秋山邦晴(音楽評論家)と交友のあった作曲家たちにアレンジしてもらったアルバム『ハイパー・ビートルズ』の再録音第2弾。ジョン・ケージに始まり、ミニマリズムなど今では大家となった個性派が編曲者にずらりと名を連ねる。耳になじんだメロディが、各人各様の創意…

【CD】ピアノ・トランスフィギュレーション/高橋アキ

 高橋アキの新譜は、彼女と親交のあった20世紀の巨匠作曲家たちのピアノ曲集。尹伊桑、松平頼則、松平頼暁、湯浅譲二、M.フェルドマン、そして20世紀のポーランドでカリスマ的存在であったというT.シコルスキの作品である。高橋に捧げられた作品、高橋が初演を行った作品、創作過程に高橋が深く関わった作品が並ぶ。松平頼則の3分弱の…

第39回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル

フランス音楽などの瑞々しい響きを自然とともに体感  夏の音楽祭として長い歴史を持つ草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル(音楽監督:西村朗)は今年、39回目を迎える。アカデミーで指導する名手たちが、ここでしか聴けない組み合わせと選曲でコンサートを行うのは、常に話題となっている。  今年の注目コンサート。まず、サシ…

エリック・サティ生誕150年記念 音楽喜劇『メドゥーサの罠』

奇才サティが描く異色のドラマ  これぞユーモア、そして一抹のアイロニーを含んだエリック・サティの真骨頂だろう。今年生誕150年を迎えるフランスの鬼才が書いた異色の劇作品『メドゥーサの罠』が久しぶりに上演される。娘フリゼット(ドルニオク綾乃)との結婚を申し出た青年アストルフォ(大槻孝志)に、メデューズ男爵(演出も担当する…

第37回 草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル

“音楽大国”イタリアをテーマに  『草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル』は、古くからの湯治名地として知られる群馬・草津温泉を舞台として1980年にスタートした、日本で最初の夏の講習会とコンサートからなる音楽祭。37回目を数える今夏も、ウェルナー・ヒンク(ヴァイオリン)やペーター・シュミードル(クラリネット)ら…

第36回 草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル

シューベルトとドビュッシーの魅惑  国内外から招聘される一流音楽家による講習と演奏会から成る草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル(音楽監督・西村朗)。36年目を迎える、日本の夏の音楽祭の老舗だ。豪華講師陣のレッスンも、実は私たち聴く側のファンにとっても示唆に富む内容だが、やはり気になるのは連日の演奏会。今年は「…

高橋アキ(ピアノ)

時代を超えたサティの魅力を感じてほしい  異端の作曲家エリック・サティ。その存在は、当時の音楽家のみならず様々な分野の芸術家たちに影響を与え、今もなお人々を魅了し続けている。そんなサティの活動を、同時代に生き、刺激を与え合った芸術家による絵画などの作品や資料を通して体感できる展覧会が、7月8日からBunkamuraザ・…

高橋アキ ピアノドラマティック Vol.10

自らの世界観をストレートに表現  高橋アキが2002年より開催している『ピアノドラマティック』が今年で10回目を迎える。新作初演を数知れず手掛けてきた経験を生かし、普通の演奏会では取り上げられないような大作も含め、彼女はここで自らの世界観をストレートに表現してきた。今回も重厚な構成と、とんがった選曲で迫ってくる。まずは…