【CD】シューベルト:グラーツ幻想曲/高橋アキ

 高橋アキのシューベルト・シリーズ第7弾。今回はまず1969年に発見された「グラーツ幻想曲」がポイントとなる。別人の作の疑いもある若き日の曲だが、この演奏ではチャーミングで優しい佳品として耳に届き、喜多尾道冬氏が解説で示した「即興曲の前身」の風情を実感させる。即興曲D899もインティメイトな魅力が表出され、一音一音が明晰でいながら胸に深く染みる。なかでも有名な第3曲は孤独感が滲み出るかのよう。これは抑揚や強弱の変化が激しいパフォーマンスではなく、“内的情緒”の世界へ導くパーソナルな演奏というべきか。傾聴に値する一枚。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2020年5月号より)

【information】
CD『シューベルト:グラーツ幻想曲/高橋アキ』

シューベルト:ヒュッテンブレンナーの主題による13の変奏曲 D576、幻想曲「グラーツ幻想曲」D605A、4つの即興曲 D899

高橋アキ(ピアノ)

カメラータ・トウキョウ
CMCD-28372 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]