【CD】ピアノ・トランスフィギュレーション/高橋アキ

 高橋アキの新譜は、彼女と親交のあった20世紀の巨匠作曲家たちのピアノ曲集。尹伊桑、松平頼則、松平頼暁、湯浅譲二、M.フェルドマン、そして20世紀のポーランドでカリスマ的存在であったというT.シコルスキの作品である。高橋に捧げられた作品、高橋が初演を行った作品、創作過程に高橋が深く関わった作品が並ぶ。松平頼則の3分弱の未出版作品から、30分以上を要するフェルドマンの大作まで、静的かつ精彩な演奏で、音楽的時間へと深く引き込んでくれる。初演時の作曲家の解説を引用したライナーノーツも、人と作品の関わりを伝える興味深い内容。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2018年8月号より)

【information】
CD『ピアノ・トランスフィギュレーション/高橋アキ』

尹伊桑:インタールディウムA/松平頼則:ミニ・ヴァリアシオン/松平頼暁:秋山邦晴のためのメモリアル/湯浅譲二:内触覚的宇宙Ⅱ トランスフィギュレーション/フェルドマン:ピアノ/シコルスキ:ヒムノス

高橋アキ(ピアノ)

収録:2017年10月、豊洲シビックセンターホール(ライヴ) 他
カメラータ・トウキョウ
CMCD-15145〜6(2枚組) ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]