【CD】ピアノ・トランスフィギュレーション/高橋アキ

 高橋アキの新譜は、彼女と親交のあった20世紀の巨匠作曲家たちのピアノ曲集。尹伊桑、松平頼則、松平頼暁、湯浅譲二、M.フェルドマン、そして20世紀のポーランドでカリスマ的存在であったというT.シコルスキの作品である。高橋に捧げられた作品、高橋が初演を行った作品、創作過程に高橋が深く関わった作品が並ぶ。松平頼則の3分弱の未出版作品から、30分以上を要するフェルドマンの大作まで、静的かつ精彩な演奏で、音楽的時間へと深く引き込んでくれる。初演時の作曲家の解説を引用したライナーノーツも、人と作品の関わりを伝える興味深い内容。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2018年8月号より)

【information】
CD『ピアノ・トランスフィギュレーション/高橋アキ』

尹伊桑:インタールディウムA/松平頼則:ミニ・ヴァリアシオン/松平頼暁:秋山邦晴のためのメモリアル/湯浅譲二:内触覚的宇宙Ⅱ トランスフィギュレーション/フェルドマン:ピアノ/シコルスキ:ヒムノス

高橋アキ(ピアノ)

収録:2017年10月、豊洲シビックセンターホール(ライヴ) 他
カメラータ・トウキョウ
CMCD-15145〜6(2枚組) ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]