【CD】高橋アキ プレイズ ハイパー・ビートルズ volume Ⅱ

 団塊の世代の音楽のアイコン、ビートルズのナンバーを、高橋アキやその夫・秋山邦晴(音楽評論家)と交友のあった作曲家たちにアレンジしてもらったアルバム『ハイパー・ビートルズ』の再録音第2弾。ジョン・ケージに始まり、ミニマリズムなど今では大家となった個性派が編曲者にずらりと名を連ねる。耳になじんだメロディが、各人各様の創意工夫を施され、特徴的ないでたちで登場。最後のルシエ編曲による「ナッシング・イズ・リアル」は、ティーポットの蓋を開け閉めして作り出される音響の滲みが実にポエティックだ。そしてそれと共に時代の香気が懐かしさをもって立ちのぼってくるのだった。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2019年1月号より)

【information】
CD『高橋アキ プレイズ ハイパー・ビートルズ volume Ⅱ』

J.レノン&P.マッカートニー:ザ・ビートルズ1962-1970(J.ケージ編)、イエスタデイ
(J.フリッチュ編)、オール・マイ・ラヴィング・
リサウンディッド(藤枝守編)、追憶のウォルラス(T.ライリー編)、エデュイエ・ブギ(ヘイ・ジュード)(池辺晋一郎編)、ノルウェーの森(R.カリムリン編)、ナッシング・イズ・リアル(A.ルシエ編) 他

高橋アキ(ピアノ)

カメラータ・トウキョウ
CMCD-28361 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]