Tag Archive for 青柳いづみこ

【CD】6人組誕生!/青柳いづみこ&高橋悠治

 経緯、詳細は椎名亮輔氏の読み応えあるライナーに譲るとして、1920年の結成からちょうど100年ということに因む、フランス6人組+その集結のきっかけとなったサティの「パラード」を収めたなんとも素敵なアルバム。中でも最も有名なのがプーランクの「4手のためのソナタ」とサティの「パラード」であろうが、他の曲もおしなべて魅力的…

青柳いづみこ(ピアノ) 演奏活動40周年記念企画

独自の眼差しでフランス音楽を見つめるピアニストが紡ぐ物語  1980年1月11日、フランス留学から帰国して間もない青柳いづみこがデビュー・リサイタルを行なった。それから40年後の同日、「青柳いづみこ 演奏活動40周年記念企画」と銘打ったコンサートが、昼と夜の二部構成で開かれる。青柳はフランス近代芸術の香りを今に伝えるピ…

【CD】ドビュッシーとパリの詩人たち/青柳いづみこ&高橋悠治

 日本を代表するドビュッシー研究家・ピアニストである青柳いづみこによる本ディスクは、ドビュッシーの「印象派」というイメージをくつがえす重要なものとなっている。ドビュッシーは象徴派や高踏派の詩人と親交を結び、影響を受けた楽曲を数多く残した。詩と密接に結びついた音楽が青柳と高橋悠治との連弾や青柳と盛田麻央のデュオによって紡…

青柳いづみこ(ピアノ/トーク) 未完のオペラ《アッシャー家の崩壊》

エドガー・アラン・ポーの怪奇と頽廃の美を音で描いたドビュッシー  ドビュッシーの演奏・研究で高い評価を受けてきた青柳いづみこが、1月11日にドビュッシーの未完のオペラ《アッシャー家の崩壊》の試補筆版上演を行う(コンサート形式、昼夜2公演)。同オペラはエドガー・アラン・ポーの小説に基づくが、2019年はポーの生誕210年…

【CD】ドビュッシーの夢/青柳いづみこ

 ドビュッシーが思い描いた情景、果たせなかった夢の音風景が、1925年製のベヒシュタインE型で鮮やかに蘇った。低音の渋みがかった色彩、スタッカートの心地よい音の弾みなど、不思議な魅力のある名器である。青柳いづみこは、少々古風で、且つどこか我の強い楽器を意のままに操り、「沈める寺」「ミンストレル」などの名曲から意外な表情…

アルカスSASEBO Mプロジェクト 2018

佐世保で感じるフランスからの風  年間を通じて1人の作曲家に着目し、様々なステージで同じ作曲家の作品を取り上げる中から、その音楽や人間像を掘り下げるアルカスSASEBOのオリジナル企画「Mプロジェクト」。3年目の2018年度は、没後100年となるドビュッシーを主テーマに。さらに、日仏友好160周年でもあることから、“フ…

クロード・ドビュッシー 没後100年 命日前日メモリアル・コンサート

没後100年に捧げるドビュッシーへのオマージュ  1989年に開始した青柳いづみこのドビュッシー・シリーズは、斬新な切り口でドビュッシー解釈に独自の視点をもたらしてきた。3月24日に浜離宮朝日ホールで開催する「クロード・ドビュッシー 没後100年〜命日前日メモリアル・コンサート」は昼夜の2回公演で、ひとひねりある内容が…

青柳いづみこ(ピアノ)

 名手たちとの共演で多彩な内容を再現  ドビュッシーは来年没後100年を迎える。晩年の活動の軌跡を浮き彫りにしようと、青柳いづみこは2014年からカウントダウン企画のコンサートシリーズを自ら行ってきた。今年は〈1917年のドビュッシー〜最後のコンサート〜〉と題し、最晩年に作曲家が「弾いた曲、聴いた音楽、校訂した作品」に…

ショパン・フェスティバル2017 in 表参道

ショパンのワルツと、創作の源となった作曲家たちをテーマに  日本ショパン協会が主催する「ショパン・フェスティバル 2017 in 表参道」が、今年もカワイ表参道「パウゼ」で開催される。今回は「ワルツ」を中心とする魅力的なコンサートが並ぶ。  初日5月22日の夜は「レクチャーコンサート」。青柳いづみこと楠原祥子が「ショパ…

青柳いづみこ(ピアノ)

連弾とソロで探るドビュッシーとその周辺  青柳いづみこが2014年からすすめているドビュッシー没後100年に向けたカウントダウン・シリーズ。今年は『ドビュッシーを巡る新しい潮流』として「1916年」がテーマだ。ドビュッシーに加えて、サティ、ストラヴィンスキー、ラヴェルなどの作品をとりあげる。ここ2、3年共演している高橋…