【CD】ドビュッシーの夢/青柳いづみこ

 ドビュッシーが思い描いた情景、果たせなかった夢の音風景が、1925年製のベヒシュタインE型で鮮やかに蘇った。低音の渋みがかった色彩、スタッカートの心地よい音の弾みなど、不思議な魅力のある名器である。青柳いづみこは、少々古風で、且つどこか我の強い楽器を意のままに操り、「沈める寺」「ミンストレル」などの名曲から意外な表情を引き出した。カプレ編曲の「聖セバスチャンの殉教」のミステリアスな音空間は、まさにこのディスクの白眉。コダーイの「ドビュッシーの主題による瞑想曲」を聴くと、このフランスの巨星の影響の広がりを感じずにいられない。
文:伊藤制子
(ぶらあぼ2018年6月号より)

【information】
CD『ドビュッシーの夢/青柳いづみこ』

ドビュッシー:聖セバスチャンの殉教(A.カプレによるピアノ編曲版)、夢/コダーイ:ドビュッシーの主題による瞑想曲/ドビュッシー:前奏曲集第1巻

青柳いづみこ(ピアノ)

コジマ録音
ALCD-7221 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]