【CD】ドビュッシーの夢/青柳いづみこ

 ドビュッシーが思い描いた情景、果たせなかった夢の音風景が、1925年製のベヒシュタインE型で鮮やかに蘇った。低音の渋みがかった色彩、スタッカートの心地よい音の弾みなど、不思議な魅力のある名器である。青柳いづみこは、少々古風で、且つどこか我の強い楽器を意のままに操り、「沈める寺」「ミンストレル」などの名曲から意外な表情を引き出した。カプレ編曲の「聖セバスチャンの殉教」のミステリアスな音空間は、まさにこのディスクの白眉。コダーイの「ドビュッシーの主題による瞑想曲」を聴くと、このフランスの巨星の影響の広がりを感じずにいられない。
文:伊藤制子
(ぶらあぼ2018年6月号より)

【information】
CD『ドビュッシーの夢/青柳いづみこ』

ドビュッシー:聖セバスチャンの殉教(A.カプレによるピアノ編曲版)、夢/コダーイ:ドビュッシーの主題による瞑想曲/ドビュッシー:前奏曲集第1巻

青柳いづみこ(ピアノ)

コジマ録音
ALCD-7221 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]