Tag Archive for 河村尚子

アーティストメッセージ(22)~河村尚子(ピアノ)

アーティストメッセージ第22弾はピアニストの河村尚子さんから、メッセージとラフマニノフの「パガニーニによる狂詩曲」より演奏の動画です。 今秋、10月にはリサイタルとオーケストラのコンサートを東京、大阪で行われます。この公演に向けていまは練習を始めています。(中略)また10月に私の演奏を聴いていただけることを心待ちにして…

河村尚子が第51回サントリー音楽賞を受賞

 ピアニストの河村尚子が第51回(2019年度)サントリー音楽賞を受賞した。同賞は、公益財団法人サントリー芸術財団が、洋楽文化の発展に顕著な業績をあげた個人または団体を顕彰し、贈呈している。  河村は、2006年ミュンヘン国際コンクール第2位、07年クララ・ハスキル国際ピアノコンクールで優勝。ドイツを拠点に、ヨーロッパ…

日本フィルハーモニー交響楽団 九州公演記者会見

 日本フィルハーモニー交響楽団が来年2月に実施する九州公演について、10月30日に杉並公会堂で記者会見を行った。日本フィルハーモニー交響楽団理事長の平井俊邦、同フィル桂冠指揮者兼芸術顧問のアレクサンドル・ラザレフ、ソリストとして同行する堀米ゆず子(ヴァイオリン)と河村尚子(ピアノ)が登壇した。  45回目となる今回は、…

河村尚子 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ・プロジェクト Vol.3 (全4回)

「ハンマークラヴィーア」を含む中期から後期の傑作を  いよいよ河村尚子の「ハンマークラヴィーア」が聴けるとなれば、わくわくせずにはいられない。全4回からなるシリーズ「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ・プロジェクト」の第3回のプログラムは、第27番ホ短調、第26番変ホ長調「告別」、第29番変ロ長調「ハンマークラヴィーア」の…

イラン・ヴォルコフ(指揮) 読売日本交響楽団

米ソの“時代の不安”を描くディープなプログラム  読響の5月定期にはイスラエル出身のイラン・ヴォルコフが登場する。史上最年少でBBCスコティッシュ響の首席指揮者を務めた後、アイスランド響の音楽監督などを歴任した鬼才だが、すでに東京のオーケストラにもたびたび呼ばれ、現代音楽をはじめとするプログラムで明晰なサウンドを築いて…

河村尚子(ピアノ)

ベートーヴェンへの新しいアプローチを聴いてください  5歳で渡独し、ハノーファー国立音楽芸術大学で学んだ河村尚子は、ミュンヘン国際で第2位、クララ・ハスキルでは優勝など、世界的に注目を集めるピアニスト。世界各地での演奏活動に加え、これまでにショパンやシューマン、ラフマニノフのディスクをリリースしてきた。今後の活動の主軸…

河村尚子(ピアノ)

 国際的な実力派ピアニスト、河村尚子は、この10月にドイツの俊才チェリスト、マキシミリアン・ホルヌングとデュオ・リサイタルを行う。彼は23歳でバイエルン放送響の第1首席奏者に就任し、2013年以降はソリストとして活躍。ソニーからリリースされたCDでも高い評価を得ている。 「3年前の日本ツアー以来、年10回以上共演してい…

第21回 京都の秋 音楽祭

名手たちの饗宴が彩る古都の秋  今年も「京都の秋 音楽祭」が京都コンサートホールを舞台に開催される。国内外で活躍する話題のアーティストたちや地元ゆかりの演奏家たちが集い、オーケストラから室内楽、ソロなど多彩な公演が並ぶ。期間は9月17日から11月26日まで。約2ヵ月にわたって開かれる全23公演から、注目の公演をいくつか…

浦安音楽ホールが2017年4月にオープン

極上のクラシック演奏でより豊かなライフスタイルを 新しいコンサートホールが首都圏に誕生する。ステージと客席とが、包み込まれるような一体感を味わえる客席数、そして音響にこだわったホールである。浦安の音楽・芸術の発信拠点を目指す浦安音楽ホールの魅力とオープニング・イヤーの内容をご紹介したい。 音楽専用ホールには名演奏家がぞ…

トッパンホール ニューイヤーコンサート

新年の幕開けに室内楽の傑作はいかが?  年が明けると「ニューイヤーコンサート」と題された公演が各地で盛んに開かれる。それぞれプログラムは多彩だ。ウィンナ・ワルツなど気軽な曲目を並べる正統派も悪くないが、まったくの独自路線による「ニューイヤーコンサート」で異彩を放っているのがトッパンホールの公演。日下紗矢子のヴァイオリン…