Tag Archive for 東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団 響きの森クラシック・シリーズ vol.47

俊才の3年の成果を記す、千一夜物語  三ツ橋敬子は、東京フィル100年の歴史の中で、定期演奏会を任された初の日本人女性指揮者である。毎回が真剣勝負といえども、在京オケの定期となれば重みが違う。彼女は2011年と12年の2回定期を指揮し、確かな成果を挙げた。また同時に東京フィルはいち早く彼女を認め、その音楽作りを最も深く…

アンドレア・バッティストーニ(指揮) 東京フィルハーモニー交響楽団

イタリア人指揮者によるアメリカ大陸プログラム  2014年1月の東京フィル定期に出演が予定されていた女性指揮者アロンドラ・デ・ラ・パーラが3月に出産を控えているために来日できなくなった。代わって指揮台に上がるのは、今年5月に同フィル定期に登場して高い評価を得ているアンドレア・バッティストーニ。ヴェローナ生まれで、20代…

尾高忠明(指揮) 東京フィルハーモニー交響楽団「第九」

実力派ソリストの饗宴に注目  2011年は佐渡裕の指揮による熱い演奏で楽団創立100周年を締めくくり、昨年は大植英次率いるドイツ圏で活躍する実力派ソリストとの競演と、このところ話題に事欠かなかった東京フィルの「第九」。今年は1974年から長らく同楽団の“顔”として活躍し、現在は桂冠指揮者の任にある尾高忠明が登場。201…

ダン・エッティンガー (指揮) 東京フィルハーモニー交響楽団

俊才たちが紡ぐエキゾチシズム 豪快さと歯切れのよさを備えた指揮で、毎回大きな反響を呼んでいるダン・エッティンガーが、東京フィルの常任指揮者として3年目を迎える今秋、リムスキー=コルサコフの豪華絢爛な音楽絵巻「シェエラザード」に挑む。「アラビアン・ナイト(千夜一夜物語)」を題材にした交響組曲で、作曲者の創作意欲が生涯で最…