新国立劇場2014/2015シーズン第2弾、オペラ《ドン・ジョヴァンニ》が開幕

 本日、新国立劇場2014/2015シーズンの第2弾、オペラ《ドン・ジョヴァンニ》が開幕します。

 こちらでは、稽古初日の様子をご紹介します。
(Photo:M.Terashi/TokyoMDE)

————————–
 今回の《ドン・ジョヴァンニ》、2008、12年につぐ3度目の上演となりますが、演出のグリシャ・アサガロフさんも来日して稽古をつけています。アサガロフさんは、ジャン=ピエール・ポネルの系譜に連なる演出家。09年には新国立劇場で上演された故・ポネル演出《チェネレントラ》で再演演出を手がけています。

左:ラルフ・ヴァイケルトさん(指揮)、右:グリシャ・アサガロフさん(演出)

みなさん、稽古を前に和気あいあい。左から:妻屋秀和さん(騎士長)、カルメラ・レミージョさん(ドンナ・アンナ)、アドリアン・エレートさん(ドン・ジョヴァンニ)。エレートさんは、ウィーン国立歌劇場中心に活躍、人気急上昇中のバリトン。妻屋さんは新国立劇場の常連と言っても過言ではない重要な存在。今シーズンはこのほか、《ドン・カルロ》《マノン・レスコー》《ばらの騎士》にも出演予定。

パオロ・ファナーレさん(左:ドン・オッターヴィオ)とアドリアン・エレートさん。

左:石坂宏さん(新国立劇場音楽ヘッドコーチ)。石坂さんは音楽ヘッドコーチとして2007年シーズン以降、新国立劇場で上演されるすべてのオペラ作品に携わり、指揮者の意図を歌手やスタッフに伝えたり、音楽面での調整役を務める重要な役割を担っています。2009年10月の《オテロ》では、最終公演で急病の指揮者に代わって急遽指揮台に立っています。このときの様子は、同じく新国立劇場で長年合唱指揮に携わっている三澤洋史さんのブログに詳細がありますので、ご紹介します。
●フリッツァの代理で指揮をした石坂さん
http://cafemdr.org/RunRun-Dairy/2009-3/MDR-Diary-2009.10.11.html

稽古初日は、過去の上演写真や模型を使いながら、演出コンセプトを歌手に説明するところから始まります。右:斉藤美穂さん(舞台監督)

稽古が始まりました。第1幕冒頭のシーンです。

左:アドリアン・エレートさん(ドン・ジョヴァンニ) 右:畠山茂さん(通称:はっちさん、レポレッロ)。畠山さんは、レポレッロ役のカヴァーとして今回参加しています。この日はマルコ・ヴィンコさんに代わって稽古。先の石坂さん同様、新国立劇場のシステムのなかで、カヴァー歌手の存在もきわめて重要です。

スコアと演出ノートを確認しながら稽古を進めるアサガロフさん。中央は演出助手の菊池裕美子さん。

新国立劇場 2014/2015シーズン
《ドン・ジョヴァンニ》
【イタリア語上演/日本語字幕付】

2014年10/16(木)18:30、19(日)14:00、22(水)14:00、24(金)18:30、26(日)14:00
新国立劇場 オペラパレス
予定上演時間:約3時間25分(第Ⅰ幕95分 休憩25分 第Ⅱ幕85分)

■指揮:ラルフ・ヴァイケルト
■演出:グリシャ・アサガロフ

■キャスト
【ドン・ジョヴァンニ】アドリアン・エレート
【騎士長】妻屋秀和
【レポレッロ】マルコ・ヴィンコ
【ドンナ・アンナ】カルメラ・レミージョ
【ドン・オッターヴィオ】パオロ・ファナーレ
【ドンナ・エルヴィーラ】アガ・ミコライ
【マゼット】町 英和
【ツェルリーナ】鷲尾麻衣

合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

■チケット
S 23,760円 A 19,440円 B 12,960円 C 7,560円 D 4,320円 Z 1,620円
新国立劇場ボックスオフィス
03-5352-9999

●新国立劇場オペラ
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/

●《ドン・ジョヴァンニ》
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/141016_003716.html

2014/2015 Season
October 2014 16-26

[Don Giovanni]
Music by Wolfgang Amadeus MOZART
Opera in 2 acts
Sung in Italian with Japanese surtitles

Opera Palace

Conductor Ralf WEIKERT
Production Grischa ASAGAROFF
Scenery & Costume Design Luigi PEREGO
Lighting Design Martin GEBHARDT

■Cast
Don Giovanni Adrian ERÖD
Il Commendatore TSUMAYA Hidekazu
Leporello Marco VINCO
Donna Anna Carmela REMIGIO
Don Ottavio Paolo FANALE
Donna Elvira Aga MIKOLAJ
Masetto MACHI Hidekazu
Zerlina WASHIO Mai

Chorus New National Theatre Chorus
Orchestra Tokyo Philharmonic Orchestra

New National Theatre, Tokyo
Box Office
+81-3-5352-9999 (10:00 am-6:00 pm, English available)

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]