池辺晋一郎《鹿鳴館》が待望の再演へ

 新国立劇場2013/2014シーズン最後を飾る、オペラ《鹿鳴館》(6/19(木)〜)の稽古が、去る5月29日に始まりました。
(Photo:M.Terashi/TokyoMDE)


初日の顔合わせには、作曲の池辺晋一郎さん、指揮の飯森範親さん、演出の鵜山仁さんのをはじめ、スタッフ、キャストが勢揃い。
池辺さん「じつは、演劇の仕事が多いが、演劇の場合、上演台本と言って、現場で役者たちが臨機応変に変えていく。楽譜になっている音楽はもちろん変わらないけれども、現場で歌手のみなさんの意向もふまえながら、フレキシブルに変えていっていいと思うし、そのほうがいい」
鵜山さん「理想と現実、対立した世界を描いたこの作品の、生と死を超越したところを目指したい」
飯森さん「池辺先生はじめ歌手の皆さん、音楽スタッフの皆さんとはいっしょに仕事してきたが、新国立劇場のピットに入るのは初めて。楽しみですし、楽しい舞台になるようにしていきたい] 舞台監督の村田健輔さんが模型を使ってセットの説明。上下2つの盆が廻る構造
衣裳写真に見入る幸田浩子さん

■2010年6月の公演から 中央)大倉由紀枝(朝子) 右)黒田博(影山悠敏伯爵)  撮影:三枝近志  写真提供:新国立劇場 新国立劇場オペラ

■2010年6月の公演から
中央)大倉由紀枝(朝子) 右)黒田博(影山悠敏伯爵)  撮影:三枝近志  写真提供:新国立劇場

2010年6月の公演から 左)腰越満美(朝子) 右)宮本益光(清原永之輔)  撮影:三枝近志  写真提供:新国立劇場

■2010年6月の公演から 左)腰越満美(朝子) 右)宮本益光(清原永之輔)  撮影:三枝近志  写真提供:新国立劇場

◆2013/2014シーズン
池辺晋一郎/オペラ《鹿鳴館》
Rokumeikan/Ikebe Shinichiro
全4幕〈日本語上演/字幕付〉

2014年6月19日(木)18:30 20日(金)18:30 21日(土)14:00 22日(日)14:00
新国立劇場 中劇場
予定上演時間:約3時間30分(休憩1回)

■原作:三島由紀夫
■指揮:飯森範親
■上演台本:鵜山仁
■演出:鵜山仁
■作曲:池辺晋一郎
■美術:島次郎
■衣裳:前田文子
■照明:沢田祐二
■振付:上田遙

■キャスト
<6/19・21>
【影山悠敏伯爵】黒田博
【同夫人 朝子】大倉由紀枝
【大徳寺侯爵夫人 季子】手嶋眞佐子
【その娘 顕子】高橋薫子
【清原永之輔】星野淳
【その息子 久雄】経種廉彦
【女中頭 草乃】山下牧子
【宮村陸軍大将夫人 則子】鵜木絵里
【坂崎男爵夫人 定子】池田香織
【飛田天骨】早坂直家

<6/20・22>
【影山悠敏伯爵】与那城敬
【同夫人 朝子】腰越満美
【大徳寺侯爵夫人 季子】谷口睦美
【その娘 顕子】幸田浩子
【清原永之輔】宮本益光
【その息子 久雄】鈴木准
【女中頭 草乃】与田朝子
【宮村陸軍大将夫人 則子】鵜木絵里
【坂崎男爵夫人 定子】池田香織
【飛田天骨】早坂直家

合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

■チケット
S 16,200円 A 12,960円 B 8,640円 C 6,480円 D 3,420円
新国立劇場ボックスオフィス
03-5352-9999
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/140619_001611.html

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]