藤原歌劇団《ラ・ボエーム》GPレポート第2弾、創立80周年記念公演

 藤原歌劇団が11月1日から3日まで上演する、プッチーニ《ラ・ボエーム》のゲネラルプローベ(総通し稽古)が、10月30、31日にBunkamuraオーチャードホールで行われた。当公演は「藤原歌劇団創立80周年記念公演」と銘打たれ、同団創立最初の演目である《ラ・ボエーム》は同団の誇る主要レパートリー。

 こちらの写真は、2日に出演する砂川&村上組のGPから。

 藤原歌劇団の看板と言ってもよい名コンビによる《ボエーム》。フリットリ&フィリアノーティ組とは細かいところで異なる演出、演技もあり、それぞれの個性を楽しめるのも本公演の魅力のひとつ。

◆両日のGPレポート詳細はこちら
(photo:J.Otsuka/TokyoMDE)

◆藤原歌劇団創立80周年記念公演 Bunkamura25周年記念
プッチーニ/オペラ《ラ・ボエーム》<字幕付き原語上演>

指揮:沼尻竜典
演出:岩田達宗

出演
ミミ:バルバラ・フリットリ(11/1、3)/砂川涼子(11/2)
ロドルフォ:ジュゼッペ・フィリアノーティ(11/1、3)/村上敏明(11/2)
ムゼッタ:小川里美(11/1、3)/伊藤 晴(11/2)
マルチェッロ:堀内康雄(11/1、3)/須藤慎吾(11/2)
ショナール:森口賢二(11/1、3)/柴山昌宣(11/2)
コッリーネ:久保田真澄(11/1、3)/伊藤貴之(11/2)
ベノア:折江忠道
アルチンドロ:柿沼伸美
パルピニョール:岡坂弘毅

合唱:藤原歌劇団合唱部  
児童合唱:多摩ファミリーシンガーズ
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

2014/11/1(土)、2(日)、3(月・祝) 15:00 Bunkamuraオーチャードホール

問:日本オペラ振興会チケットセンター044-959-5067
http://www.jof.or.jp

【関連記事】
藤原歌劇団創立80周年記念《ラ・ボエーム》、まもなく開幕!〜ゲネプロ・レポート第1弾!

藤原歌劇団が《ラ・ボエーム》出演者記者会見

ぶらあぼ 砂川涼子(ソプラノ)インタビュー〜ミミには儚げな個性よりも心の強さを感じます

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]