Tag Archive for 岡本誠司

紀尾井 明日への扉 16 岡本誠司(ヴァイオリン)

円熟味をも湛えた新タイプの俊才  楽しみな若手ヴァイオリニストが、紀尾井ホールの「明日への扉」に登場する。名は岡本誠司。1994年に生まれ、今年3月に東京芸大を卒業する彼は、2014年ライプツィヒにおけるJ.S.バッハ国際コンクールのヴァイオリン部門で優勝。64年の歴史を誇るコンクールの同部門で、アジア人初の快挙を成し…

岡本誠司(ヴァイオリン)

昼と夜で愉しむヴァイオリンの美しき小品  第19回J.S.バッハ国際コンクールにおいて、弱冠20歳でアジア人初優勝を飾った岡本誠司。日本期待の若手ヴァイオリニストが、第一生命ホールで同じ日の昼と夜に異なるプログラムで2公演を行う。  11時開演の昼の部は『雄大と行く 昼の音楽さんぽ』の第8回。音楽ライターの山野雄大がナ…

世界中の街角でバッハを演奏〜バッハ・イン・ザ・サブウェイズ

 明日、3月21日(土・祝)は音楽の父・バッハの330回目の誕生日。それを祝い、街角に音楽家が集い、バッハの曲を演奏する活動「バッハ・イン・ザ・サブウェイズ」が世界中で繰り広げられる。  「バッハ・イン・ザ・サブウェイズ」は2010年3月21日、ニューヨークの地下鉄でチェロ奏者のデール・ヘンダーソンが無伴奏チェロ組曲第…

岡本誠司(ヴァイオリン)

オール無伴奏に挑む期待の新星  近年、才能豊かな若手を輩出している日本ヴァイオリン界に、またも期待の新星が現れた。2014年7月にドイツの国際バッハ・コンクールで日本人初優勝を飾った岡本誠司だ。現在、東京芸大に在学中の20歳だが、インタビューでの語り口は実に明晰で温厚。コンクールでもその人柄を反映した演奏が高い評価を得…