Tag Archive for リッカルド・ムーティ

ムーティ&日伊国交150周年記念オケがラヴェンナ音楽祭に出演

 「東京・春・音楽祭 -東京のオペラの森2016-」のオープニングを飾った、リッカルド・ムーティ指揮日伊国交樹立150周年記念オーケストラが7月3日、イタリアのラヴェンナ音楽祭に出演し、成功裏に終えた。  日伊国交樹立150周年記念オーケストラは、日伊国交樹立150周年を記念し、「ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管…

ウィーン国立歌劇場

ドイツの王道プログラムを携えて4年ぶりの来日  ドイツのオペラ史に燦然と輝く3人の作曲家、モーツァルト、ワーグナー、そしてR.シュトラウス。ウィーン国立歌劇場が4年ぶりにその代表作を携えて日本公演を行うとなれば、その威信を賭けて指揮者・歌手ともに最高のメンバーを揃えてくるのは、例年と同様である。ここでは主に指揮者と出演…

リッカルド・ムーティが綿密につくりあげる《フィガロの結婚》

〜ウィーン国立歌劇場日本公演記者会見より(3)  3作目の紹介となった《フィガロの結婚》について、ドミニク・マイヤー総裁はまず、リッカルド・ムーティを指揮に迎えての日本公演が、2008年以来再び実現する機会を喜び、そして、《フィガロの結婚》は前回2012年にも上演した作品ではあるが、ムーティの強い希望により決定した演目…

ヤノフスキが会見〜ウィーン国立歌劇場日本公演2016

オペラをもう一度振りたいという気持ちが高まったのです  今秋、4年ぶりの来日公演を行うウィーン国立歌劇場の記者会見が行われた。ドミニク・マイヤー総裁と《ナクソス島のアリアドネ》の指揮を執るマレク・ヤノフスキが出席した。マエストロ、ヤノフスキは、4月の「東京・春・音楽祭」の《ジークフリート》公演のための来日中ということで…

東京・春・音楽祭 —東京のオペラの森2016—

 2016年の『東京・春・音楽祭』の概要が発表された。今や春の上野の風物詩となった「東京春祭」だが、来年のプログラムは例年にも増して魅力的な公演がそろっている。  まず目玉公演となるのはワーグナー・シリーズの《ジークフリート》演奏会形式。《ニーベルングの指環》4部作を毎年一作ずつ上演するシリーズの第3回となる。ワーグナ…

リッカルド・ムーティ(指揮) シカゴ交響楽団

ムーティとスーパー・オーケストラが繰り出す黄金のサウンド  シカゴ交響楽団と言えば、アメリカを代表するオーケストラにとどまらない。力強く輝かしい金管を軸に、名手ぞろいの木管、しっとりと潤いのある弦楽器がブレンドされ、まさにベルリン・フィルやウィーン・フィルと並ぶ世界最高峰のオーケストラの一つだ。そのシカゴ響が来年1月、…

ムーティ&シカゴ響の「第九」を無料で世界同時配信

 リッカルド・ムーティが音楽監督を務めるシカゴ交響楽団では、2014年9月に2014-15シーズンのオープニングプログラムとしてムーティ指揮のもと演奏したベートーヴェン/交響曲第9番の演奏会の模様を、第九が初演された日(1824年5月7日ウィーン)と同じ、5月7日(木)現地時間午前11時(日本時間8日(金)午前1時)か…

ローマ歌劇場 日本公演が開幕

 ローマ歌劇場2014日本公演が、5月20日(火)、《ナブッコ》(ヴェルディ)で開幕する。オペラ史上に輝く名作の数々が上演されてきたローマ歌劇場だが、今回は2010年より同歌劇場の終身名誉指揮者のポストにあるリッカルド・ムーティとの来日ということで大きな話題となっている。公演に先立ち、5月19日(月)、都内のホテルで記…

リッカルド・ムーティ(指揮) ローマ歌劇場 2014年日本公演

ムーティでヴェルディ・オペラの神髄を体験する  ヴェルディ生誕200年に当たる今年は、ヴェルディにかかわる演奏や講演など、さまざまな企画が催されている。関東への台風接近が心配された10月末の土曜日、東京のBunkamuraオーチャードホールで開催された『ムーティ、ヴェルディを語る』では、リッカルド・ムーティ自身の言葉に…

リッカルド・ムーティ(指揮) ローマ歌劇場 2014年日本公演

ムーティでヴェルディ・オペラの神髄を体験する  ヴェルディ生誕200年に当たる今年は、ヴェルディにかかわる演奏や講演など、さまざまな企画が催されている。関東への台風接近が心配された10月末の土曜日、東京のBunkamuraオーチャードホールで開催された『ムーティ、ヴェルディを語る』では、リッカルド・ムーティ自身の言葉に…