沖澤のどか(指揮)

華やかなフレンチ・プロでオーケストラ定期デビュー!

C)Taira Nishimaki

 ベルリンを拠点に創造の翼を広げようとしている沖澤のどかが、来たる9月、新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会 ルビー〈アフタヌーン コンサート・シリーズ〉第33回の指揮台に立つ。同楽団2020/21シーズンの開幕、その一環を彩る親しみやすいフレンチ・プログラム。《カルメン》組曲第1番に「ボレロ」とは、ほほ緩む選曲だ。粋な調べが駆け巡るバーンスタインの「キャンディード」(抜粋)も添えられた。

「新日本フィルとは、(2018年10月に開催された第18回)東京国際音楽コンクール〈指揮〉の本選でもご一緒しました。指揮者とオーケストラの距離感は、国やオーケストラによって違い、それが音楽にも反映すると思いますが、新日本フィルは、コンクールで緊張していた若い指揮者に手を差し伸べてくださるオーケストラでした。同級生、先輩、後輩もいます。距離が近く、またオープンな雰囲気を感じました。ですので、気をつかわずに、自分を出すことができました。
 今回のフランス音楽とバーンスタインは、音楽監督の上岡敏之さんが決めたものですが、フランスものは私も大好きなので、素晴らしい機会をいただいたと思っています。華やかなプログラム。音楽の瞬間、瞬間に、はじける何かを出したいですね」

 青森県出身。ピアノ、チェロ、オーボエを学び、チェロは地元のジュニア・オーケストラでも弾いていた。
「高校からはオーボエも吹きました。『キャンディード』序曲、演奏したことがあります(笑)」

 東京藝術大学、同大学院で高関健らに師事した。
「高関先生は、皆さんもご存じのように、スコアの研究が音や音楽に表れる、すごい方です。信じられないほどたくさんのデータにあたり、そこで発見なさったことや見解を、弟子の私たちに惜しみなく提供してくださるのです。先生からは楽譜のこと、リハーサルのこと、すべてを教わりました。忘れられない言葉があります。『褒められた時には、それを素直に受け取りなさい』。私、自分に自信がない時期があったのです。指揮者になることを諦めようともしていましたが、救われました。学外では下野竜也先生、井上道義先生からも励ましのお言葉をいただきました」

 各国の講習会に参加。前述の東京国際音楽コンクール優勝ほか、これまでに第7回ルーマニア国際指揮者コンクールで第3位を受賞。第1回ニース・オペラ指揮者コンクールでセミファイナリストに選ばれた。オーケストラ・アンサンブル金沢の指揮研究員(2011~12年)にも迎えられた。藝大大学院修了後はベルリンのハンス・アイスラー音楽大学の大学院に留学する。2019年には東京・春・音楽祭のリッカルド・ムーティ「イタリア・オペラ・アカデミー in 東京」の指揮受講生に日本人としてただ一人選ばれ、ムーティからも多くのアドバイスを受けた。
 そして同年9月、フランスで開催された第56回ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝。同コンクールのオーケストラから贈られるオーケストラ賞、聴衆賞も受賞する。

「ブザンソンではオペラの課題もありましたが、私、オペラ大好きなのです。藝大でも仲間とオペラを上演しましたし、二期会などで副指揮者を数えきれないほどしました。リハーサル・ピアニストや(上演で歌い手に指示を出す)プロンプターも経験しています。オペラも経験です。勉強を続けたいと思っています」

 9月の新日本フィル定期では《カルメン》組曲が控える。
「歌心、音色(ねいろ)ですよね。劇場の匂いも好きなので、そうしたものも出せれば。この日は、たくさんの思い出があるサン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番もあります。透明感、繊細さ、柔らかさ。そしてやはり音色にこだわりたいです。
 オーケストラの腕の見せどころとなる『ボレロ』で大切なのは、メンバーが安心して伸び伸び演奏できる方向性を指し示すことです。音楽を整えるコントロールとソロに委ねるリリース。そのバランス感覚が求められますね。オーケストラの定期を初めて指揮する機会です。ぜひいらしてください」

 管弦楽が織り成す、色彩のグラデーション(沖澤さん談)を体感したいものである。
取材・文:奥田佳道(取材日:2020年1月10日)
(ぶらあぼ2020年6月号より)

【Profile】
東京藝術大学音楽学部指揮科首席卒業。同大学院修士課程修了。ハンス・アイスラー音楽大学ベルリン修士課程指揮専攻修了。第56回ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。同時に聴衆賞、オーケストラ賞を受賞。第18回東京国際音楽コンクール〈指揮〉にて第1位及び齋藤秀雄賞を受賞。オーケストラ・アンサンブル金沢元指揮研究員。指揮を高関健、尾高忠明、クリスティアン・エーヴァルト各氏ほかに師事。下野竜也、井上道義、パーヴォ・ヤルヴィ、クルト・マズア、リッカルド・ムーティの指導を受ける。

【Information】
新日本フィルハーモニー交響楽団 定期演奏会
ルビー 〈アフタヌーン コンサート・シリーズ〉第33回
2020.9/11(金)、9/12(土)各日14:00 すみだトリフォニーホール

指揮:沖澤のどか ヴァイオリン:シルヴィア・フアン
ビゼー:カルメン組曲第1番 サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 ロ短調 op.61
バーンスタイン:『キャンディード』より抜粋 ラヴェル:ボレロ 5/19(火)発売

問:新日本フィル・チケットボックス03-5610-3815 
https://www.njp.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]