Tag Archive for シャルル・デュトワ

2020年1月発売のおすすめチケット情報

■1/12(日)発売 アルベナ・ダナイローヴァ ヴァイオリン・リサイタル 2020.5/23(土)14:00 フィリアホール アルベナ・ダナイローヴァ(ヴァイオリン) 浜野与志男(ピアノ) ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調「春」op.24 チャイコフスキー:「なつかしい土地の思い出」よりメロディ o…

大阪4大オケ 2020年度シーズンプログラム共同記者発表会

 関西ならではの独自企画「大阪4大オケ」の2020年度シーズンプログラムの共同記者発表会が11月26日に行われた。4大オケとは大阪を拠点に活動している、大阪交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団のこと。今回の会見では、2020年に生誕250年を迎えるベートーヴェン…

新日本フィルが2020/21シーズンプログラムを発表

 新日本フィルハーモニー交響楽団が2020/21シーズンの定期演奏会プログラム速報を発表した。音楽監督の上岡敏之は、ブルックナーの交響曲第8番で開幕を飾る(2020.9/3,9/6)。そのほか、ドビュッシー「海」やプーランク、デュカスの作品を組み合わせたフランス・プロ(10/30,10/31)、旬のソリストを迎えてのマ…

2019年3月発売のおすすめチケット情報

■3/2(土)発売 サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン 2019 2019.6/1(土)〜6/16(日) サントリーホール ブルーローズ(小) 主な出演者: 堤剛 宮田大 新倉瞳(チェロ) 原田幸一郎 池田菊衛 渡辺玲子 服部百音 ハン・スジン(以上ヴァイオリン) 磯村和英(ヴィオラ) 池松宏 (コント…

第21回「別府アルゲリッチ音楽祭」記者発表

 ピアニストのマルタ・アルゲリッチを総監督、伊藤京子を総合プロデューサーに迎えて、大分県別府市を中心に毎年開催されている「別府アルゲリッチ音楽祭」の記者発表が、2月14日に都内で行われた。 (2019.2/14 大分県東京事務所県人会ホール Photo:I.Sugimura/Tokyo MDE)  同音楽祭は、1998…

シャルル・デュトワ(指揮) NHK交響楽団 《ペレアスとメリザンド》演奏会形式

実力派ソリストたちがデュトワの元に集結  歌劇《ペレアスとメリザンド》には独自の「2大特徴」がある。一つはテーマが「寂しさ」であること。オペラと言えば刺したり呪ったりのイメージがある中で、この傑作を支配するのは、家族にすら理解されない「心の寂寥感」なのだ。  悲劇は、アルモンド王国に迷い込んだ謎の女メリザンドが、夫で王…

都響のジュネーヴ公演が急遽中止に

 今年《日本・スイス国交樹立150周年》を祝う記念行事の一環として、10月13日にジュネーヴのヴィクトリア・ホールで開催が予定されていた《日本・スイス国交樹立150周年記念特別コンサート(指揮:シャルル・デュトワ、ピアノ:クリスチャン・ツィメルマン、演奏:東京都交響楽団)》が急遽中止となった。9月26日、東京都交響楽団…

映画『アルゲリッチ 私こそ、音楽!』

娘の視点でとらえたアルゲリッチの真実  マルタ・アルゲリッチの三女、ステファニー・アルゲリッチが監督を務めたドキュメンタリー映画『アルゲリッチ 私こそ、音楽!』(2012年 フランス・スイス)が、この秋、Bunkamuraル・シネマ他で公開される。近年のアルゲリッチの映像だけではなく、プライベートな古いホームビデオの映…

都響、今秋ジュネーヴの招待演奏会でツィメルマン(ピアノ)と共演

今年《日本・スイス国交樹立150周年》を祝う記念行事の一環として、ジュネーヴのヴィクトリア・ホールで開催される特別コンサートに東京都交響楽団(都響)が出演する。指揮はスイス出身の世界的指揮者シャルル・デュトワ、ピアノにスイス在住の現代最高のピアニスト、クリスチャン・ツィメルマンを迎える。都響がデュトワと共演するのは初と…