【特別寄稿】追悼 クラウディオ・アバド(1933-2014)

1987年ウィーン・フィル日本公演から 写真提供:サントリーホール

 クラウディオ・アバドが80歳で他界したというニュースを聞き、「ああ、80歳まで音楽されて本当に良かった!」と安堵した。正直な気持ちだった。
 ミラノを代表する音楽家ファミリーのプリンスとして生まれ、35歳でスカラ座の首席指揮者となり、以来18年間スカラ座に君臨。70年代はミラノとウィーンを溌剌と往復する、“若きアドニス”、クラシック音楽界のスーパースターだった。
 初来日は1973年。若手を起用するに敏な、ウィーン・フィルとの演奏旅行であった。81年には芸術監督としてスカラ座を率いて来日し、最高のキャストと演出で《シモン・ボッカネグラ》、《セビリアの理髪師》を上演し、日本中を沸かせた。クライバーが《ラ・ボエーム》と《オテロ》を指揮したのもこの時のことである。
 私がアバドと直接話をするようになったのは1987年3月、サントリーホールのオープニング・シリーズの最後を飾る、ウィーン・フィルとのベートーヴェン交響曲全曲演奏会の時であった。もの静かで、話し声も小さく、指揮者にありがちな権威的、威圧的なところがまるでない。忙しい日程にもかかわらず、食事会にも快く参加してくれ、「日本ウィーン・フィルハーモニー友の会」の設立にも立ち会って、スピーチまでしてくれた。

話し手ではなく聞き手

 アバドは“指揮者達の父”として有名な、ウィーンのスワロフスキー門下。メータとは年齢も近く、親友だったとのことで、二人の思い出談の中には必ず、ウィーン楽友協会の合唱団員としてブルーノ・ワルターやカラヤンの演奏会で、歌いながら指揮法を学んだという話が出てくる。つまりアバドは、イタリアとウィーンの音楽のスタイルと言語を身に付けている。ところがドイツ語が流暢ではない。と思ったのは間違いだったのだが、そもそも彼は言語で表現することに流暢ではないのである。子供の時から話し手ではなく聞き手だったと、自身、昨年のインタビューでも述懐している。
 まさにその性格が、彼の音楽創りにも大きく反映しているように思う。カラヤンがベルリン・フィル(BPO)を辞した時、その後任者にアバドが選ばれた。ベルリンでの練習を何回か聴くことができたが、話し下手でテキパキと練習を進めるタイプではないため、カラヤンの練習に慣れていたBPOの団員には戸惑いがあったようだ。ところが本番になると、激変。生き生きとした大きな波のようにうねる音楽が生まれ出る。それは彼の聞き上手な性格が反映し、団員に自発的な演奏を促すからなのだろう。文学・芸術への深い洞察に基づく作品解釈にも定評があった。

音楽は最高の治療法

 BPOとの来日も92年から98年まで4回を数え、2000年の来日を楽しみにしている時、「アバド胃癌に倒れる」という激震が音楽界を襲った。胃を全摘出する大手術だったにも関わらず、見事復活。11月にはBPOと共に来日して、《トリスタンとイゾルデ》という長大なワーグナーの楽劇を指揮したのである。しかしカーテンコールに現れたやせ細ったその姿に、聴衆は息を呑んだ。サントリーホールでの演奏会で身近にみるアバドの姿は苦行僧そのもので、近寄りがたい気迫がみなぎっていた。
 2002年、BPOを退いてからは、ルツェルン祝祭管弦楽団を再編成し、世界最高のオーケストラと称されるまでに発展させた。また、若者達の育成にも愛情を注いだ。望む作品、共演したいソリストを集めての晩年の演奏会では、マーラーの作品を取りあげることが多かった。『私は、自分の苦痛を通して、偉大な作曲家の苦しみを共感できるようになった。例えばマーラーのように。いかなる苦難を乗り越えて、彼が偉大な作品を生み出したことか!私は自分の苦しみを通して、音楽がその最良の治療法であることを真に理解することができた』
 胃癌を克服して奇跡のように指揮台に戻ってきたアバド。彼を癒したのは、まさに音楽の力だったに違いない。
文:眞鍋圭子(音楽ジャーナリスト)
(ぶらあぼ2014年3月号から)

眞鍋圭子◎音楽ジャーナリスト、音楽プロデューサー
音楽ジャーナリストとして活躍する中、サントリーホールの設立に携わり、現在エグゼクティヴ・プロデューサーとして、ウィーン・フィルなど様々な企画をプロデュースしている。
主な著書:『カール・ベーム』『素顔のカラヤン』

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]