「Sing for Peace〜KYOTO 2020 コーラス・フェスティバル〜」制作発表

左より:古瀬まきを(オープニングソリスト)、富岡 健(Sing for Peace Festival Choir合唱指揮)、浅井敬壹(音楽監督)、平田あゆみ(テーマソング作曲)、佐藤ますみ(実行委員長・京都コンサートホール 事業企画課長)
©dorian nakagawa

 2020年は東京でオリンピック・パラリンピックが開催されるが、京都では世界的規模のコーラス・フェスティバルが開かれる。題して「Sing for Peace〜KYOTO 2020 コーラス・フェスティバル〜」。

 京都コンサートホール開館25周年を記念する事業であり、開催期間は5月22日から24日までの3日間。テーマは「合唱と平和」。音楽監督に日本合唱界の重鎮・浅井敬壹、特別ゲストに作曲家で指揮者のボブ・チルコットを招く。合唱は、このフェスティバルのために公募で結成される特別合唱団「Sing for Peace Festival Choir(SPFC)」のほか、海外からの合唱団、そして日本の各地からも多くの合唱団が参加する(総勢約1,500人見込)。

 9月2日に記者発表が行われ、概要とテーマソングが発表された。テーマソングは作詞を詩人・谷川俊太郎に依頼し、平田あゆみが作曲した「平和の歌」。作曲者によれば「谷川さんの詩は口ずさむ感覚を重視していて、歌の詩にふさわしい。水を比喩として平和を書いたもの。曲は8月半ばに完成した」とのことで、同作は壮大なスケールを感じさせる合唱曲である。

 フェスティバル初日、22日の昼からは〈プレ・コンサート〉として、京都市内の寺院や博物館など10ヵ所でア・カペラ合唱が繰り広げられる。夜の〈オープニング・コンサート〉では浅井敬壹指揮SPFCがテーマソング「平和の歌」を、広上淳一指揮京都市交響楽団とSPFCがチルコット「レクイエム」(抜粋)とベートーヴェンの交響曲第9番を演奏する。

 翌23日午前はチルコットがプロデュースするコンサート。「世界はひとつ」をテーマとして、自作の「世界を変えた5つの日」、ブリテン「グロリアーナ」より第2舞曲などを取り上げる。午後はポーランドから招待されたNFMクワイアの演奏会とチルコットがプロデュースするコンサートがもう一つ行われる。「絆」をテーマに、グレツキ「すべて御身に」、ブラームス「ドイツ・レクイエム」より第4曲など。夜はイギリスから招聘された声楽アンサンブル、スティレ・アンティコのスペシャル・コンサート。小ホールでは「日本の合唱指揮者7人 Part I」とチルコットのワークショップ。

 5月24日午後にはイギリスから招かれた合唱団コモティオの演奏会。夕方からは〈クロージング・コンサート「平和──自由への叫び」〉では、浅井敬壹指揮合唱団京都エコーによるショスタコーヴィチ「革命詩人による十の詩曲」。グランド・フィナーレではチルコットへの委嘱作品「Make me a channel of your peace」が世界初演される。小ホールでは「日本の合唱指揮者7人 Part Ⅱ」。

 合唱ファン、音楽ファンにはたまらない「合唱と平和」の祭典になることは間違いない。今から来年5月が待ち遠しい。
取材・文:横原千史

Sing for Peace~KYOTO 2020 コーラス・フェスティバル~
https://www.kyotoconcerthall.org/singforpeace2020/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]