N響が2019-20シーズン定期公演プログラム発表

 NHK交響楽団が2019-20シーズン(2019年9月〜20年6月)定期公演のプログラムを発表した。首席指揮者就任5シーズン目となるパーヴォ・ヤルヴィによるルトスワフスキやバツェヴィチなどオール・ポーランド・プログラムでシーズンが開幕(2019.9/14,9/15)。ヤルヴィは、このほかシベリウスの第6番・第7番(9/25,9/26)、マーラーの第5番(9/20,9/21)、ショスタコーヴィチの第9番(20.5/9,5/10)、R.シュトラウスのアルプス交響曲(5/20,5/21)と、王道のシンフォニーを主体とした8演目16公演で、5年目の深化を聴かせる。なかでも、同響やベルリン・フィルを含む5楽団共同委嘱作品、エブラハムセンのホルン協奏曲(独奏:シュテファン・ドール)&ブルックナーの交響曲第7番(2/15,2/16)、またプーランク「グロリア」、モーツァルト「パリ交響曲」、ガーシュウィンのピアノ協奏曲と人気曲が並ぶ来年5月の公演(5/15,5/16)は話題を呼びそうだ。

 桂冠名誉指揮者のヘルベルト・ブロムシュテットは、11月に来日。ベートーヴェン「英雄」& R.シュトラウス「死と変容」(19.11/6,11/7)、ブラームスの交響曲第3番(11/16,11/17)、モーツァルト「ミサ曲 ハ短調」&「リンツ交響曲」(11/22,11/23)の独墺プロ3演目6公演を振る。

 客演陣では、クリストフ・エッシェンバッハがマーラー「復活」(20.1/11,1/12)など2演目4公演でタクトを執る。また、レナード・スラットキンはジョン・アダムズのサクソフォン協奏曲(独奏:ブランフォード・マルサリス)&ヴォーン・ウィリアムズの交響曲第5番(4/11,4/12)ほか3演目6公演に登場し、アメリカ音楽の深遠を聴かせる。このほか、トゥガン・ソヒエフ、鈴木優人、パブロ・エラス・カサド、ディエゴ・マテウス、ケント・ナガノ、鈴木雅明、ユッカ・ペッカ・サラステなどが登場予定。

 ソリスト陣も、ヴィエニャフスキのヴァイオリン協奏曲第2番を披露するジョシュア・ベル、ブロムシュテットとレーガーのピアノ協奏曲で共演する重鎮ピーター・ゼルキン、R.シュトラウス「4つの最後の歌」を聴かせるクリスティーネ・オポライス(ソプラノ)、ブリテンのヴァイオリン協奏曲を弾くジャニーヌ・ヤンセンなど、次シーズンも多彩な顔ぶれが並んでいる。

NHK交響楽団
https://www.nhkso.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]