田端直美(サクソフォン)

サックスと共に音楽の旅をお楽しみください

 オオサカ・シオン・ウインドオーケストラ(OSWO)のコア・メンバーで、ソリストとしても活躍する実力派サクソフォン奏者、田端直美が3枚目のソロ・アルバム『ウェニャン:ラプソディ』(マイスター・ミュージック)をリリースする。技巧的ながら豊かな歌心にも溢れたタイトル曲はじめ、多彩な時代の傑作を満載。「バロック、ロマン派、近現代と縦横無尽に駆け巡る、サックスでの音楽の旅をお楽しみいただきたい」と田端は言う。
 「最近、ソロのステージで取り上げる機会が多く、お客様からの評判も非常に高い」と軸に据えたのが、現代ベルギーのアンドレ・ウェニャンの佳品。田端はソロの出だしの第一音から耳を奪い、気品ある快演を聴かせる。
「アルト・サクソフォンの魅力を、最大限に表現できる作品。最初に収録を決めました」
 そして、マルチェッロのオーボエ協奏曲。ソプラノ・サックスでの演奏は、様式感がきっちりと踏まえられ、「バロック的な未知の楽器」で聴く不思議な感覚に。
「バロックが好きで、中でもお気に入りがマルチェッロ。音色はもちろん、ヴィブラートやアーティキュレーションも現代とは意識を変え、品格をもって演奏できるように心を砕きました」
 さらに、最重要レパートリーであるグラズノフの協奏曲も。ピアノ伴奏版での収録は珍しいが、「奏者2人のみの演奏は自由度が高く、互いの出方次第で自在に変化できる。室内楽的に音楽を進められるのが面白い」と説明。ピアニストの白石光隆とは、デビュー盤から共演している。
「音色の美しさには、いつも感動します。楽屋トークも最高(笑)。音楽に人柄は表れるものです」
 また、「ソプラノ・サックスならではの色彩感とダイナミズムが生かせた」という、ピアノ作品からの編曲のラヴェル「ソナチネ」、「ブラジルの熱気とけだるさが、自分にしっくりくる」というヴィラ=ロボス「ファンタジア」も収録。最後に「アンコール的な曲をと、昔から好きだった」というチマローザ「シチリアーナ」を添えた。
 ピアノ推薦で高校に進むも、サックス専攻で東京藝大・同大学院に進み、1923年創立の名門・大阪市音楽団(現OSWO)へ。所属楽団は2013年、市の直営から一般社団法人への移行を迫られて揺れた。
「地方公演が増え、ソロ活動を控えたこともありました。でもお陰で、全体での調和と個々を活かしての表現、双方の大切さが分かりました」
 後進の指導にも力を注ぎ、16年には日本クラシック音楽コンクールで優秀指導者賞を受賞。
 「若い世代は、奏者も聴き手も細分化し、各々の興味へ向かっている。この傾向はより強まるでしょう」と分析する。
「心の充足感や感動体験が求められる今、私たち演奏家次第で愛好者はもっと増やせる。音楽に奉仕し、仲間と息を合わせてしか成し得ない、最高の演奏を。そして、いつかは世界で、いや宇宙で演奏する夢を叶えたいです!」
取材・文:寺西 肇
(ぶらあぼ2019年1月号より)

CD『ウェニャン:ラプソディ』
マイスター・ミュージック
MM-4047
¥3000+税
2018.12/25(火)発売

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]