【SACD】ハイドン:交響曲集 Vol.5/飯森範親&日本センチュリー響

 飯森&センチュリー響のハイドン・シリーズ第5弾。第50番は、引き締まった力感が横溢する中に、こまやかなニュアンスや優美さが漂う。第70番も同様で、各声部のバランスがよく、「ジュピター」交響曲の先取りをなす第4楽章の精緻なフーガは特に聴きものだ。第2番、第9番も丁寧な造作で、レアな曲の特質が明示される。第88番は、オーセンティックな表現と晴れやかな活力を共生させた好演。第4楽章ではハイドンの魅力が全開となり、最後の畳み込みにも圧倒される。1枚単位のリリースによって、こうした作品をじっくりと味わえるのも実に喜ばしい。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年1月号より)

【information】
SACD『ハイドン:交響曲集 Vol.5/飯森範親&日本センチュリー響』

ハイドン:交響曲第50番・第70番・第2番・第9番・第88番「V字」

飯森範親(指揮)
日本センチュリー交響楽団

収録:2016年8月&12月、いずみホール(ライヴ)
オクタヴィア・レコード
OVCL-00679 ¥3200+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]