【CD】モーツァルト!&ジャズ! /カルボナーレ・クラリネット・トリオ

 イタリア屈指の名手カルボナーレが、盟友たちと2016年に結成したクラリネット・トリオのアルバム。前半のモーツァルト3大オペラ楽曲は、主にバセットホルンの温かい中低音域による3声のシンプルで心地よい響きが、かえって原曲の精妙な和声の陰影を浮かび上がらせ、演奏と曲のすばらしさに嘆息。ムードが一転する後半のジャズ・ナンバーでも羽目を外すことはなく、落ち着いて楽器の魅力を伝えている。それでもチック・コリアのノリ(35秒以上の超ロング・ハイトーンも!)、クレズマーの妖しい魅力や特殊奏法など、闊達な交歓と技巧もみせていて、音楽的かつ感興豊かな快演だ。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2018年12月号より)

【information】
CD『モーツァルト!&ジャズ! /カルボナーレ・クラリネット・トリオ』

モーツァルト:《フィガロの結婚》より、《ドン・ジョヴァンニ》より、《魔笛》より/チック・コリア:ジャズ組曲/ナザレー&パスコアール&ジスモンティ:ブラジル物語/作曲者不詳:クレズマー組曲 他

カルボナーレ・クラリネット・トリオ
【アレッサンドロ・カルボナーレ ペルラ・コルマーニ ルカ・チプリアーノ(以上クラリネット/バスクラリネット/バセットホルン)】

ナミ・レコード
WWCC-7882 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]