総裁の立場を忘れてのめり込んでしまう、 それがウィーン国立歌劇場の《ニーベルングの指環》です

〜ウィーン国立歌劇場日本公演記者会見より(2)

現代最高のワーグナー指揮者、ワーグナー歌手、
そして何より素晴らしいオーケストラの響きによる《ワルキューレ》

「私は総裁として6年目を迎えます。ウィーン国立歌劇場では毎年必ず《ニーベルングの指環》のチクルス上演が行われますが、私はいつも、総裁という立場を忘れて、のめり込んでしまいます。何よりも素晴らしいのはオーケストラの響きです!」
 マイヤー総裁は、《ワルキューレ》についての話を、このように始めました。

ドミニク・マイヤー総裁

ドミニク・マイヤー総裁

 ウィーン国立歌劇場はこれまでに9回の日本公演を行って来ましたが、《ニーベルングの指環》がプログラムされるのは今回が初めてのこととなります。ウィーン国立歌劇場の《指環》が、いかに魅力的なものであるか、マイヤー総裁はまず、自分の生の感覚によって示してくれたということになるでしょう。
 そして演奏者たちについては、短いとはいえ、一人ひとりの特徴を的確に紹介しました。
「指揮のアダム・フィッシャーはハンガリー人ですが、現代のワーグナー指揮者として認められています。バイロイト音楽祭をはじめ、ウィーンでも多くの作品を指揮しています」
その表情から、全幅の信頼を寄せていることがうかがわれました。
「ジークリンデ役のペトラ・ラングは、長いキャリアをもつベテランで、はじめはメゾ・ソプラノでしたが、現在はソプラノとして活躍しています。フリッカ役のミヒャエラ・シュースターは、7年前にこの《ワルキューレ》が初演されたときのメンバーで、とても優れた人。
 ブリュンヒルデ役のニーナ・シュテンメは現代最高のワーグナー歌いの一人といえます。いつの時代も、これほどの人が居るとは限らない、それほどの歌い手です。
 ジークムントを歌うクリストファー・ヴェントリスは、パルシファルでも絶賛されている実力派です。フンディング役のアイン・アンガーはフィンランド人で、長くウィーン国立歌劇場のメンバーでしたが、最近はフリーとして、各地のオペラハウスで活躍しています。彼もまた、初演メンバーでした。
ヴォータン役のトマス・コニエチュニーは、ポーランド人で、ウィーン国立歌劇場メンバーとして、近年特に重要な役を演じています。アルベリヒがはじめでしたが、現在はヴォータンを歌うようになりました。悪役が似合いますが、本人はとても良い人です(笑)」
(取材・文:吉羽尋子 Photo:M.Terashi/Tokyo MDE)
Photo: Wiener Staatsoper/Michael Poehn

Photo: Wiener Staatsoper/Michael Poehn

ウィーン国立歌劇場2016年日本公演公式HP
http://www.wien2016.jp/

【チケット発売情報】
ウィーン国立歌劇場日本公演
●2演目・3演目セット券 [S, A, B券]
NBS WEBチケット先行発売[座席選択]

4月14日(木)21:00〜4月21日(木)18:00

●2演目・3演目セット券 [S, A, B券] NBS WEBチケット&電話受付
4月23日(土)10:00より
NBSチケットセンター:03-3791-8888


●全公演のS〜D券
一斉発売開始
6月4日(土) 10:00より