Tag Archive for 諏訪内晶子

諏訪内晶子(国際音楽祭NIPPON芸術監督/ヴァイオリン)

アンサンブルとマスタークラスで次代を担う音楽家を支援  「音楽を届けるべきところに継続的な支援をしたい」という諏訪内晶子の想いにより、2013年からスタートした『国際音楽祭NIPPON』。諏訪内自身が芸術監督を務める4回目の同音楽祭が2016年3月に開かれる。 「音楽祭の偶数回は小規模ということで、教育(マスタークラス…

ハンヌ・リントゥ(指揮) フィンランド放送交響楽団

 フィンランドを代表する作曲家シベリウスが今年生誕150周年を迎える。日本にも愛好家の多いシベリウスだけあって、記念企画がいくつも開かれているが、なかでもその白眉となりそうなのが、ハンヌ・リントゥ指揮フィンランド放送交響楽団によるオール・シベリウス・プログラム。母国の名門オーケストラでシベリウスの代表作を聴けるのは大き…

諏訪内晶子(芸術監督/ヴァイオリン)

 ヴァイオリニストの諏訪内晶子が芸術監督を務めることで話題の『国際音楽祭NIPPON』。リゾート地ではなく、あえて街中で開催することで、クラシック音楽を聴く楽しみを日常生活に加えて欲しいという願いが込められた企画だ。その第3回目が、今年の10〜12月に、名古屋、横浜、郡山の3都市で開催される。演奏家として、教育者として…

ヤニック・ネゼ=セガン(指揮)

私とオーケストラは“魔法”のような神秘的な関係で強く結ばれています  「次世代を担う逸材中の逸材」と目され、一昨年にアメリカの名門フィラデルフィア管弦楽団の音楽監督に就任して、世間をあっと驚かせたヤニック・ネゼ=セガン。華麗な“フィラデルフィア・サウンド”を武器に、数々の秀演を生み出し続けて来た名門にあって、なお「これ…

諏訪内晶子 (ヴァイオリン)

メンデルスゾーンの協奏曲は、単に甘美な音楽ではありません  人気ヴァイオリニスト・諏訪内晶子が、来年3月にヴァシリー・ペトレンコ(指揮)オスロ・フィルとメンデルスゾーンの協奏曲を共演する。もちろんこの曲は「30年以上演奏している、最も演奏回数の多い作品の一つ」だ。 「印象深かったのは、テミルカーノフ&サンクトペテルブル…

【WEBぶらあぼ先着先行】東芝グランドコンサート2014 ペトレンコ指揮オスロ・フィル&諏訪内晶子&アリス=紗良・オット

 東芝グループの芸術文化支援活動の一環として毎年、世界各国の著名な指揮者・オーケストラを招聘、豪華なソリストらとの共演を実現してきた『東芝グランドコンサート』。  2014年は、新進気鋭のロシア人指揮者、ヴァシリー・ペトレンコ率いるオスロ・フィルハーモニー管弦楽団が来日。ソリストには日本のみならず欧米でも活躍するピアニ…