Tag Archive for 浜松国際ピアノコンクール

小川典子(ピアノ/浜松国際ピアノコンクール審査委員長)

世界に羽ばたくピアニストを浜松から送り出したい  10回目の開催を迎え、世界でますますその存在感を大きくしている浜松国際ピアノコンクール。昨年、同コンクールをモデルとした恩田陸の小説『蜜蜂と遠雷』が直木賞を受賞。今秋は、より幅広い層からの注目を集めた開催となりそうだ。  今回からは、小川典子が審査委員長に就任。1987…

第10回 浜松国際ピアノコンクール記者発表

 2018年11月8日から25日にかけて行われる第10回 浜松国際ピアノコンクールの記者発表が6月1日に都内で開催され、実行委員会長を務める鈴木康友・浜松市長と審査委員長の小川典子が登壇した。 (2018.6/1 都内 Photo:I.Sugimura/Tokyo MDE)  同コンクールは、浜松市の市制80周年にあた…

第10回 浜松国際ピアノコンクール開催記念 ガラ・コンサート 覇者たちによるコンチェルトの饗宴

世界へと羽ばたいた6人による協奏曲三昧の2日間  1991年にスタートし、今年11月の開催で第10回を迎える浜松国際ピアノコンクール。優勝者がその後飛躍を遂げるケースが多く、その実績は、話題となった恩田陸の小説『蜜蜂と遠雷』執筆のきっかけにもなったといわれるほどだ。  今回は特別な節目となる開催ということで、過去の覇者…

アレクサンダー・ガヴリリュク(ピアノ)

深い詩情と精彩に満ちたピアニズム  アレクサンダー・ガヴリリュクは国際的な活躍もさることながら、2000年に浜松国際ピアノコンクールで優勝して以来、日本でも着実に知名度を上げながら人気を獲得し続けている。その精緻な音楽づくり、躍動的かつ深みあるタッチで、爽やかに響かせる古典派の語法から、ピアニズムが最高潮に達した後期ロ…

イリヤ・ラシュコフスキー(ピアノ)

ポジティブなエネルギーをうけとってほしい  昨年秋の浜松国際ピアノコンクールで優勝に輝いた、イリヤ・ラシュコフスキー。今年は夏と秋に優勝者ツアーで日本全国をまわる。  本選で演奏したプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番は圧巻だった。指揮の井上道義はラシュコフスキーとの掛け合いが楽しくて仕方ないといった様子で、客席も熱狂。…