Tag Archive for 日本フィルハーモニー交響楽団

東京2020 NIPPONフェスティバル 共催プログラム アンセム・プロジェクト2020 in Suginami

世界の広さを体感するスペシャルコンサート!  最近よく見かけるのが“東京2020 NIPPONフェスティバル”の告知。これは東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、スポーツはもちろん日本の文化・芸術の力を国内外に発信するイベントの総称だ。その中で注目されるのが「アンセム・プロジェクト2020 in Sugin…

ピエタリ・インキネン(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団

世界が注目するインキネンが放つ現代のベートーヴェンとブルックナー  日本フィルでは2009年から首席客演指揮者、16年からは首席指揮者を務め、長きにわたり蜜月関係を築くピエタリ・インキネン。昨年には日本フィルにとって13年ぶりとなるヨーロッパ・ツアーを成功させた立役者でもある。この20年夏にはバイロイト音楽祭で《ニーベ…

小林研一郎(指揮)

チャイコフスキーの人生の変遷と音楽の進化を伝えたい  “炎のマエストロ”コバケンこと小林研一郎は、今年4月に80歳を迎える。円熟を極めたマエストロの傘寿を記念して行われるのが「チャイコフスキー交響曲全曲チクルス」。全交響曲に協奏曲等を加えた5日間の公演で完遂する意欲的な企画だ(他に名古屋、大阪公演あり)。  十八番のチ…

カーチュン・ウォン(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団

話題のカーチュン、マーラー「5番」で初登場!  インキネンにラザレフ、小林研一郎、山田和樹というタイプの違った名指揮者陣を擁し、幅広い表現力を獲得している日本フィル。その効果は客演指揮者による定期演奏会の好調ぶりでも明らか。去る12月にはアレクサンダー・リープライヒのもと、欧州の楽団のような鮮烈かつ豊麗なサウンドを実現…

小林研一郎(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団

信頼厚いコンビならではの“真打ちの名演”  何度も名演を積み重ねてきて、そのことをだれもが知っていて、それでも期待を上回るような演奏をさらに重ねていく。指揮者と楽曲におけるそんな関係性の代表例が、マエストロ小林研一郎によるスメタナ「わが祖国」である、と言っても過言ではないだろう。チェコをはじめ東欧と関係の深い小林の、自…

小林研一郎(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団 特別演奏会2019「第九交響曲」

熱気に溢れる「第九」で1年を締めくくる  毎年12月の恒例となっている、小林研一郎と日本フィルハーモニー交響楽団の「第九」公演。今年は3会場で5公演開催される。近年はいっそうの円熟味と、安定感のある演奏を聴かせている小林。何度も「炎のコバケン」の愛称を持ち出すのも恐縮なくらいだが、その尽きない情熱こそが彼の演奏の土台で…

アレクサンダー・リープライヒ(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団

ゆかりの作曲家の傑作に渾身で挑む  日本フィルの12月東京定期を振るのは、アレクサンダー・リープライヒ。今年3月に続いての登場だ。1968年ドイツ生まれの彼は、アバドとギーレンの薫陶を受け、ミュンヘン室内管の芸術監督を長年務めた後、ポーランド国立放送響とプラハ放送響の首席指揮者兼芸術監督、およびR.シュトラウス音楽祭の…

【TOP対談】クラウス・ハイマン(ナクソス・ミュージック・グループ会長)× 平井俊邦(日本フィルハーモニー交響楽団理事長)

二人のビジネスマンが熱く語る、クラシック音楽界のこれから 日本フィル、プラハ響、ドイツ放送フィルの首席指揮者を務め、世界に活躍の場を広げるピエタリ・インキネン。先日、彼が2020年のバイロイト音楽祭でワーグナーの大作《ニーベルングの指環》を指揮することが発表された。それを機に、インキネンの2種の『シベリウス:交響曲全集…

日本フィルハーモニー交響楽団 九州公演記者会見

 日本フィルハーモニー交響楽団が来年2月に実施する九州公演について、10月30日に杉並公会堂で記者会見を行った。日本フィルハーモニー交響楽団理事長の平井俊邦、同フィル桂冠指揮者兼芸術顧問のアレクサンドル・ラザレフ、ソリストとして同行する堀米ゆず子(ヴァイオリン)と河村尚子(ピアノ)が登壇した。  45回目となる今回は、…

アレクサンドル・ラザレフ(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団

闘将が描く近代ロシアの管弦楽法の極み  今年4月のヨーロッパ・ツアーで大成功を収め、首席指揮者インキネンの2020年バイロイト音楽祭《ニーベルングの指環》デビューが決定するなど、ますます意気上がる日本フィル。その意気と演奏水準向上の立役者である桂冠指揮者兼芸術顧問アレクサンドル・ラザレフの存在も当然見逃せない。今年5月…