Tag Archive for 大萩康司

【CD】Travelogue/宮田大&大萩康司

 チェロとギター。ありそうで、なかなか出会わぬ取り合わせ。その愉悦と可能性の広がりを、名手たちが教えてくれる。5年前に言葉を交わし、意気投合したという宮田大と大萩康司の初共演盤。ある時は情熱的に、またある時はクールに。2人の対話は、フレーズごとに色彩を変え、しなやかな収縮を伴い、まるで絵本のページをめくるかのよう。パリ…

【CD】DUO2/荘村清志&福田進一&鈴木大介&大萩康司

 荘村清志と福田進一、ギター2人の巨匠の共演が大きな話題となった「DUO」(2015年)に続く第2弾。今回はこの2人に、鈴木大介と大萩康司という次世代の名手が加わり、互いに相手を替えつつ、ギターのためのオリジナルから新作、バロック、武満徹の映画音楽まで、多彩な佳品を弾き尽くす。とは言え、丁々発止の感覚は一切なく、時に熱…

宮田 大(チェロ)

新録音はチェロとギターで誘う“音楽の旅路”  日本チェロ界のトップランナー宮田大が、ギターの大萩康司とのデュオという、レアな編成のアルバム『Travelogue(トラヴェローグ=旅行記)』をリリースする。チェロとギターによる音楽の旅路。2021年5月には発売記念の全国ツアーも予定している。 「ギターとのデュオ、というよ…

〈サントリーホール CMG オンライン〉の観どころ&聴きどころ 〜ライブ配信で楽しむ室内楽の祭典

 「チェンバーミュージック・ガーデン」(CMG)は、サントリーホールが主催する、ブルーローズを舞台に繰り広げられる室内楽の祭典。今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、通常の公演が中止となってしまったが、それに代わり、〈CMGオンライン〉として6月13日から21日にかけて、無観客のブルーローズでの7公演をオンライ…

アーティストメッセージ(11)〜大萩康司(ギター)

 「自粛」…何か悪いことをしてしまったかのような響きに疑問を抱きながらもコンサートは日に日に中止や延期となっているこの頃、皆様如何お過ごしでしょうか…楽しくはないですよね。  今回のCovid-19は、全世界、全人類にわたって生活の全てに侵食しダメージを与えています。音楽界でも勿論、現状をみてみると主催者からオーケスト…

Hakuju 東日本大震災 チャリティコンサート

被災地に想いを寄せるアーティストたちが今年も集結  各地に深刻な爪痕を残した東日本大震災からまもなく9年になるが、今なお仮設住宅などで不自由な生活を強いられている人がいることを忘れてはならない。被災地に支店を持つ白寿生科学研究所も「東北復興支援プロジェクト・被災地支援チーム」を組織して、今日まで継続的な支援を続けてきた…

長谷川陽子(チェロ) & 三浦一馬(バンドネオン) & 大萩康司(ギター)〜情熱と哀愁のリベルタンゴ〜

3人の名手たちが紡ぎ出す新たな「リベルタンゴ」の魅力  チェロの長谷川陽子、バンドネオンの三浦一馬、ギターの大萩康司。それぞれの楽器で第一線で活躍する名手たちが、異色の共演を果たす。題して「情熱と哀愁のリベルタンゴ」。「リベルタンゴ」といえば、タンゴの革命児ピアソラの代表作。バンドネオンと聞いてまっさきに思い起こすのが…

2019年11月発売のおすすめチケット情報

■11/9(土)発売 オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World ワーグナー:オペラ《ニュルンベルクのマイスタージンガー》 2020.6/14(日)14:00、6/17(水)12:00 東京文化会館 イェンス=ダニエル・ヘルツォーク(演出) マティス・ナイトハルト(美術…

新しい耳 テッセラの秋・第25回音楽祭

インティメイトな空間で新鮮な音楽と触れ合う  東京・三軒茶屋、その駅前のビルにある「サロン・テッセラ」は、小さいながらも6メートルの高さのある空間が広がり、クラシックのコンサート、特に室内楽に最適の響きを持つ。ここで11月1〜3日に開催されるのが「新しい耳 テッセラの秋音楽祭」だ。ピアニストの廻由美子が主宰する音楽祭で…

大萩康司(ギター)& 梶川真歩(フルート)

「初めて聴いたけどかっこいいね」と思ってくれれば最高です!  フルートとギターのデュオは、コンパクトで爽快なサウンドを生み出す室内楽だといえるが、コンサートは意外に少ないだけに可能性を秘めている組み合わせだ。  NHK交響楽団での演奏を軸に多彩な活動をしている梶川真歩、2020年にデビュー20周年を迎える大萩康司の2人…