アマンディーヌ・ベイエ & リ・インコーニティ 〜めくるめくバロック音楽ツアー〜

フランス古楽界を牽引するアンサンブルの躍動感あふれるステージ

リ・インコーニティ
C)Clara Honorato

「ピリオド楽器の演奏に挑戦することがどれほど刺激的か、音楽の創造とは何と儚くも美しい芸術だと痛感するか…そして、すべての瞬間を私たちがいかに愉しむべきであるか。古楽奏者なら誰でも、私と同じように公言するでしょう」

 バロック・ヴァイオリンの名手で、古楽新世代の旗手とも目される、フランス出身のアマンディーヌ・ベイエは言う。彼女が主宰し、ユニークな視点から選んだ作品を、刺激的なプレイで聴かせているアンサンブル「リ・インコーニティ」。王子ホールへ3度目の登場を果たし、彩り豊かな佳品を紡ぐ。

 キアラ・バンキーニら古楽界の先駆者たちの薫陶を受け、数々のコンクールでの実績と第一線アンサンブルでの活躍を重ねたベイエ。2006年に立ち上げた「リ・インコーニティ」は、設立当初から、鮮烈なサウンドで聴衆を驚かせ続けている。

 今回は、欧州で大活躍する気鋭のバロック・ヴァイオリン奏者、川久保洋子を含めた8人編成での来日。明るい陽光に溢れた大バッハのヴァイオリン協奏曲ホ長調(BWV1042)と、多感様式の典型とも言うべき次男カール・フィリップ・エマヌエルのチェンバロ協奏曲イ短調(H430,Wq26)、父子の対照的な作品を軸に。そして、エマヌエルの名付け親でもあるテレマンの協奏曲から、4本のヴァイオリンのみで通奏低音すら伴わない、ユニークな編成で書かれたト長調(TWV40:201)と、弦楽のための変ロ長調(TWV43:B1)の2曲を披露。さらに、彼らが規範としたヴィヴァルディによるリュート協奏曲(RV93)とシンフォニア(RV157)を聴く。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2020年2月号より)


*新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、本公演は中止となりました。(2/27主催者発表)
詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。また他公演につきましては、各主催者様のウェブサイトでご確認ください。

《バロック・ライヴ劇場》第11回公演
アマンディーヌ・ベイエ & リ・インコーニティ 〜めくるめくバロック音楽ツアー〜
2020.3/10(火)19:00 王子ホール
問:王子ホールチケットセンター03-3567-9990 
https://www.ojihall.jp

他公演
2020.3/11(水) 大阪/いずみホール(06-6944-1188)
3/13(金) 松本市音楽文化ホール(0263-47-2004)
3/14(土) 高崎芸術劇場 音楽ホール(027-321-3900)
3/15(日) 三鷹市芸術文化センター(0422-47-5122)

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]