三浦文彰(ヴァイオリン)

20世紀ロシアが生んだヴァイオリン協奏曲の傑作と向き合う

C)Yuji Hori

 三浦文彰が弾くショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番を、すでにコンサートで聴いた方も多いだろう。少年時代に、この曲を作曲者とともに創造したと言えるダヴィド・オイストラフの録音を聴いて心を動かされ、17歳の時に初めてコンサートで弾いたという作品だが、演奏を重ねながら作品への理解を深めてきた。その曲を、ソビエト〜ロシアの伝統が息づくチャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ(旧モスクワ放送交響楽団)と録音し、ひとつの足跡を記している(19年10月に発売)。

「技術的にはもちろんですが、曲の背景を探る必要があるなど非常に難しい曲。体力的にも精神的にもキツく集中力を必要としますが、弾いていると特別な気持ちになれる作品でもあります。ショスタコーヴィチが生きたソビエトの時代はまったく知りませんでしたが、ウィーンで習ったパヴェル・ヴェルニコフ先生がオイストラフの生徒ですし、当時を知っているロシアの音楽家からもいろいろな話を聞いて、国の監視や制限が厳しかった様子を知ることができました。この協奏曲も完成していながら批判を怖れて7年くらい発表できず、スターリンが死んだ後にようやく初演されただけに、強い思いがこもっていると思います。暗くて重いけれど、その反面に第4楽章がブルレスケというおどけた音楽になっていて、皮肉めいたところも感じますよね。ショスタコーヴィチの音楽を弾くには裏読みも必要でしょうし、弾くたびに新しい発見はあります」

 曲の構成においても第3楽章に約10分を要するカデンツァがあるなど独特だ。
「あれは、オイストラフあってのカデンツァでしょうね。難易度は高くても弾いていて無理がないですし、それでいて説得力がすごい。僕は第4楽章へと向かう長い道のりのように思えますし、どの楽章とも違ったキャラクターがあります。今回の録音は、ショスタコーヴィチの音楽を何度も演奏し続けてきたオーケストラだったのがよかった。楽員の中にはソビエト時代を知っている人もいますから、伝統というものの重みをあらためて感じました」

 その協奏曲第1番を生で聴きたいという方は、2月末から3月上旬にかけて行われるエーテボリ交響楽団の日本ツアーで。さらには6月27日に東京・Bunkamura オーチャードホールで行われる「スーパーソロイスツ2020」において、この協奏曲とプロコフィエフの協奏曲第2番を一気に演奏するというプログラムも予定されている(共演:沼尻竜典指揮東京フィルハーモニー交響楽団)。

「どちらの作曲家もクセが強めで、ショスタコーヴィチは過激だけれどどこか温かみがあり、プロコフィエフの方が尖っていて、伝記などを読む限りひねくれた人だという印象をもちました。そうしたキャラクターの違いも面白いですし、いろいろな音色に生かしたいです」
 弾く機会がほとんどないというショスタコーヴィチの2番、プロコフィエフの1番も「声がかかればいつでも!」という状態のようなので、三浦文彰のロシア音楽には今後も目が離せない。
取材・文:オヤマダアツシ
(ぶらあぼ2020年2月号より)

スーパーソロイスツ2020
2020.6/27(土)14:00 Bunkamura オーチャードホール
問:チケットスペース03-3234-9999 
https://avex.jp/classics/soloists2020/


他公演(エーテボリ交響楽団との共演)
2020.2/28(金)川崎、2/29(土)西宮、3/1(日)名古屋、3/2(月)金沢、3/5(木)福岡
*新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、本公演は中止となりました。(2/27主催者発表)
詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

http://www.t-gc.jp 

CD『ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番、ハチャトゥリアン:「ガイーヌ」より』
エイベックス・クラシックス
AVCL-25998 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]