【CD】ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第1番・第2番 他/川久保賜紀・遠藤真理・三浦友理枝トリオ

 昨年結成10周年を迎えた川久保・遠藤・三浦のトリオが、大切な節目に挑んだのはショスタコーヴィチ。初恋の思いを秘めた作曲者17歳の第1番と、親友の死を受けて37歳で完成した第2番。両曲に込められたメッセージを、彼女たちならではのしなやかな美演でストレートに伝えてくれる。特に甘美なロマンとモダニズムの混合が魅力的な第1番が、これほどの水準で聴ける機会は貴重。名作第2番も音楽的な構築がすばらしく、パッサカリアは遅いテンポで歌いこむ。作品の愛好者にも未聴の方にもお薦めしたい好演だ。楽しい「5つの小品」も素敵な演奏で、遠藤のチェロの名技が光る。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2020年2月号より)

【information】
CD『ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第1番・第2 番 他/川久保賜紀・遠藤真理・三浦友理枝トリオ』

ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第1番・第2番、2つのヴァイオリンとピアノのための5つの小品(ヴァイオリン・チェロ・ピアノ版)

川久保賜紀(ヴァイオリン)
遠藤真理(チェロ)
三浦友理枝(ピアノ)

エイベックス・クラシックス
AVCL-84101 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]