ベルリンフィル12人のチェリストたち

人気抜群の贅沢なグループ、今年は1回のみの公演

C)Peter Adamik

 数あるベルリン・フィルの室内楽グループの中で最も親しまれているのは、やはり「ベルリンフィル12人のチェリストたち」であろう。世界最高峰オーケストラのチェロ・セクション全員で構成された同グループは、1972年の結成以来、半世紀近くにわたって活躍。世界各国での演奏やCD録音を継続し、著名作曲家が書いたオリジナル曲や独自の編曲を通して、音楽表現の可能性を広げている。チェロは音域が広大で音色は豊麗。同楽器が12本揃えば唯一無二のブレンド音や表現の幅が生まれ、その芳醇な響きと音楽は独特の心地良さをもたらす。特に当グループはソリスト級のメンバーが揃っているので、クオリティの高さは他の追随を許さない。それにステージと客席のコミュニケーションで佳き雰囲気が醸成される稀有の魅力も相まって、過去15回の東京公演はすべてチケット完売の人気を誇っている。

 ただしベルリン・フィルの音楽の要ともいえるチェロ・セクション全員が参加するため、オフシーズンにしか活動できない。よって毎回の公演が得難い機会となる。しかも今年6月に行われる16回目の来日公演は東京1回のみ。これは言うまでもなく貴重だ。彼らの魅力の1つが、オーケストラを凌ぐ演奏ジャンルの幅広さ。今回も、パーセル、ドビュッシーなどのクラシックから、彼らのためのオリジナル曲、「二人でお茶を」やピアソラのタンゴまで、バラエティに富んだプログラムが用意されている。個々の名技、一糸乱れぬアンサンブル、マイルドかつ重厚なサウンド、そしてエンタテインメント性溢れるステージをお見逃しなく!
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2020年2月号より)

2020.6/29(月)19:00 サントリーホール 
2020.2/8(土)発売
問:「ベルリンフィル12人のチェリストたち」公演事務局(ヴォートル内) 03-6379-2177(1/20以降) 
http://www.nikkei-events.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]