高関 健(指揮) 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

戦後の楽壇に大きな役割を果たした先人へのオマージュ

高関 健
C)金子 力

 2019年は戦後の日本のオーケストラ界を牽引した指揮者・渡邉曉雄の生誕100年。日本フィル創設に尽力するとともに、東京藝大でも教鞭をとった渡邉は、戦後音楽の発展を導いた立役者の一人。東京シティ・フィルと常任指揮者・高関健との1月の定期演奏会は、その先達に捧げられる。

 カラヤン指揮者コンクールに優勝し海外武者修行に出た高関は、1985年、渡邉の推薦で帰国デビューを飾った。96年には渡邉曉雄音楽基金音楽賞を受賞してもいる。また東京シティ・フィルと言えば、首席客演指揮者の藤岡幸夫も渡邉の最後の弟子として知られる。その意味でもこのオケは、渡邉のDNAを色濃く受け継いでいると言えよう。

 さて、演奏会ではメンターゆかりのプログラムを並べた。まず渡邉の肝いりで始まった邦人作曲家への新作委嘱シリーズ「日本フィル・シリーズ」で演奏された曲目から2曲。渡邉の意気を感じた若手たちが力作を続々と書き下ろし、名曲・重要作が生まれていった。戦後世代の作曲家にとって、このシリーズはどれほど大きな刺激になったか知れない。その中から記念すべき第一作、矢代秋雄「交響曲」(1958)と第五作、柴田南雄「シンフォニア」(1960)。

 後半はシベリウスの交響曲第2番。フィンランド人を母に持つ渡邉にとって、シベリウスは自らのルーツにある作曲家。その音楽を終生愛し、レパートリーとした。私たちは渡邉を通じてシベリウスを深く知り、理解したといっても過言ではない。
 高水準にある日本のクラシック音楽も、先人たちのたゆまぬ努力の上に成り立っている。その功績に思いを馳せよう。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2020年1月号より)

第330回 定期演奏会 
2020.1/18(土)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:東京シティ・フィル チケットサービス03-5624-4002 
https://www.cityphil.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]