日本フィルハーモニー交響楽団 九州公演記者会見

 日本フィルハーモニー交響楽団が来年2月に実施する九州公演について、10月30日に杉並公会堂で記者会見を行った。日本フィルハーモニー交響楽団理事長の平井俊邦、同フィル桂冠指揮者兼芸術顧問のアレクサンドル・ラザレフ、ソリストとして同行する堀米ゆず子(ヴァイオリン)と河村尚子(ピアノ)が登壇した。

左より:アレクサンドル・ラザレフ、堀米ゆず子、河村尚子
C)山口 敦 写真提供:日本フィルハーモニー交響楽団

 45回目となる今回は、宮崎からスタートし、九州全県で10公演を行うほか、学校や病院など施設での室内楽演奏会にも取り組む。オーケストラの演目はブラームス:交響曲第1番、同:ピアノ協奏曲第2番、ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、プロコフィエフ:バレエ音楽「ロメオとジュリエット」(ラザレフ版)。

 平井は「九州公演は1975年以来、毎年継続してきた。45年目という節目の年にラザレフと、素晴らしいソリストとで公演ができるのは喜ばしい。九州公演の特徴は地元の実行委員会との、手づくりのコンサートであること。これまでの経験で学んだ『人の心の温かさ、人の心によりそう』ことを大きなテーマとして今後も活動していきたい」と述べた。

 2010年、13年に続き3度目の同行となるラザレフは「九州は景色やホールが美しい。素晴らしいソリストとの共演ができて嬉しい。国内外問わずツアーはオケの同調力と相互の理解を深める貴重な機会。旅することで団員がオープンな気持ちになれるのは良いことだと思う。あと“打ち上げ”がいつも楽しみ(笑)」。また、自身で全10曲として編んだ「ロメオとジュリエット」組曲について「第7曲に“静寂”で終わる『ジュリエットの墓の前のロメオ』を置き、終曲を『ティボルトの死』にした。その間にムードを盛り上げる繋ぎの2曲を組み入れたい」と意欲的に語った。

 ラザレフとは11年ぶりの共演となる堀米は「来年は私のデビュー40周年。ベートーヴェン生誕250年でもあり色々と重なった。ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲は譜面づらは簡単だが、一音とも気を抜けない難しい曲。歌う要素、踊る気分など、ファンタジーを持って弾きたい」と抱負を語った。河村も「ラザレフさんとは6年半ぶり。ブラームスの2番のピアノ協奏曲はシンフォニーのような大曲。マエストロ・ラザレフと“熱い”演奏をする日本フィルとの共演を楽しみにしている」と述べた。

日本フィルハーモニー交響楽団
https://www.japanphil.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]