トリエステ・ヴェルディ歌劇場《椿姫》

現代を代表するヴィオレッタ、レベカへの期待が高まる


 須賀敦子のエッセーでお馴染みの国境の港町トリエステには、ヴェルディの名を冠する名門歌劇場がある。実際、ヴェルディの二つのオペラ《イル・コルサーロ(海賊)》と《スティッフェーリオ》が、ここで初演されているのだ。もちろん、現在もヴェルディのオペラ上演に定評があるが、東京公演のキャスティングは、「事件」と言っても大げさでないほどすごい。《椿姫》のヒロインのヴィオレッタ役をマリナ・レベカが歌うのである。

 彼女は約10年ぶりの来日で、以前もロッシーニのオペラやリサイタルで強い印象を残したが、いかんせんデビューから日が浅かった。この10年、声が成熟して練り上げられ、当初から群を抜いていた技巧にさらに磨きがかかり、いまや大歌手。最新のアリア集『SPIRITO』に収められた《ノルマ》以下のアリアの完成度も、他のソプラノを寄せつけない。特にヴィオレッタ役は、ウィーン国立歌劇場やパリ・オペラ座、今年はミラノ・スカラ座の年初の公演で歌い、再びスカラ座への出演が決まっている彼女の十八番。それが東京にいながらにして味わえるのだ。

 脇を固めるのは、みずみずしい声と無類の音楽性でレベカと釣り合うラモン・ヴァルガスのアルフレードと、ボローニャ歌劇場公演《リゴレット》で名唱を聴かせたばかりのアルベルト・ガザーレのジェルモン。また、指揮のファブリツィオ・マリア・カルミナーティは作曲家の意図に忠実な緻密でダイナミックな指揮で知られ、声のことも熟知している。最高の《椿姫》にならない理由が見当たらない。
文:香原斗志
(ぶらあぼ2019年10月号より)

2019.11/2(土)、11/4(月・休)各日16:00 東京文化会館
問:コンサート・ドアーズ03-3544-4577 
http://www.concertdoors.com/
※全国公演の詳細は上記ウェブサイトでご確認ください。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]