東京・春・⾳楽祭で「子どものためのワーグナー」プロジェクトがスタート

 2019年に第15回を迎える「東京・春・音楽祭 —東京のオペラの森—」は、バイロイト音楽祭との提携で「子どものためのワーグナー」を同年より上演することを決定した。「バイロイト音楽祭2018」開幕前日に現地バイロイトで行われた記者会見で、総監督カタリーナ・ワーグナーより発表された。

バイロイト音楽祭2018の開幕記者会見にて東京・春・音楽祭での「子どものためのワーグナー」実施について発表する
カタリーナ・ワーグナー(中央)

 「子どものためのワーグナー」はワーグナーのオペラを短縮し、子どもでも分かりやすいように内容を再構成して上演するもので、バイロイトではカタリーナ・ワーグナーによって09年から行われている。これまでに《さまよえるオランダ⼈》《タンホイザー》《ニーベルングの指環》《トリスタンとイゾルデ》《パルジファル》などがバイロイト音楽祭期間中に上演されており、今年は《ニーベルングの指環》(新制作)が上演された。本プロジェクトのドイツ国外での実施は、今回が初めてとなる。
 
 東京・春・音楽祭では、10年より「東京春祭ワーグナー・シリーズ」と題し、ワーグナーのオペラを演奏会形式で上演している。19年は《さまよえるオランダ⼈》、20年は《トリスタンとイゾルデ》の上演がすでに決定しており、「子どものためのワーグナー」でも同シリーズ演⽬を上演する。詳細は今年10月頃に発表予定。

左:鈴木幸一(東京・春・音楽祭実行委員会実行委員長) 右:カタリーナ・ワーグナー(バイロイト音楽祭総監督)
バイロイト音楽祭2018「子どものためのワーグナー」《ニーベルングの指輪》(新製作)の舞台装置の前で

●東京・春・音楽祭 —東京のオペラの森2019-
 子どものためのワーグナー《さまよえるオランダ⼈》
⽇程:2019年3⽉下旬(5公演を実施予定)
会場:三井住友銀⾏東館ライジング・スクエア1階 アース・ガーデン
提携:バイロイト音楽祭 / BF Medien GmbH

※「子どものためのワーグナー《さまよえるオランダ人》」の日時・出演者・料金等の詳細は、東京・春・音楽祭2019のラインナップ発表と合わせて2018年10月頃発表予定。

●「子どものためのワーグナー」予定演目
2019年 《さまよえるオランダ⼈》
2020年 《トリスタンとイゾルデ》


東京・春・音楽祭 —東京のオペラの森—
http://www.tokyo-harusai.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]