【CD】インテルメッツォ ―ピアノ名曲アルバム― /小林有沙

 「手に取った方にホッとしていただきたい」という想いが込められた本盤には、ロマン派の作曲家を中心に、メロディの美しい、聴き手の心に寄り添うような小品が集められている。“小品”と一口にいっても、歌心に溢れた演奏、色彩に富んだ音色、自然な音楽運びを行う構築性、それらを支える確かな技術がなければその魅力は全く伝わらない。その点、小林はそれらをすべて持ち合わせたピアニストといえる。柔らかさに包まれ、和声と共に次々と表情を変える音色が魅力的で、スランプだった彼女を支えたというブラームスの間奏曲では特に彼女の持ち味が存分に味わえるはずだ。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2018年9月号より)

【information】
CD『インテルメッツォ ―ピアノ名曲アルバム―/小林有沙』

バルバストル:ロマンス/リスト:ため息、コンソレーション第3番/ドビュッシー:月の光、亜麻色の髪の乙女、喜びの島/ブラームス:ワルツ第15番、間奏曲op.118-2/ショパン:ワルツ第7番、幻想即興曲、前奏曲「雨だれ」、別れの曲

小林有沙(ピアノ)

オクタヴィア・レコード
OVCT-00152 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]