Radioぶらあぼ〜特集:コンポージアム2018

 インターネット・ラジオ・ステーション「OTTAVA」の番組『Radio ぶらあぼ』では、5月11日と14日、東京オペラシティコンサートホールで5月23日から開催される『コンポージアム2018「ウンスク・チンを迎えて」』を特集した。

 ここでは、5月11日に放送したプレゼンター林田直樹(音楽ジャーナリスト)の解説をオンデマンドで紹介する。

●OTTAVA
OTTAVAはパソコン・スマホ・タブレットで 24時間無料で聴ける、日本でただひとつのインターネット・クラシック・ラジオ局です。
ottava.jp

■講演会「ウンスク・チン、自作を語る」
2018年5月23日[水]19:00
東京オペラシティ コンサートホール

ウンスク・チン
蔵原順子(ドイツ語通訳)

翌日演奏される曲目を中心に、作曲家自らがその作品について語ります。
入場無料(申込不要)

■ウンスク・チンの音楽
2018年5月24日[木]19:00
東京オペラシティ コンサートホール

指揮:イラン・ヴォルコフ
クラリネット:ジェローム・コント
チェロ:イサン・エンダース
読売日本交響楽団

ウンスク・チン
マネキン(2014-15)[日本初演]
クラリネット協奏曲(2014)[日本初演]
チェロ協奏曲(2006-08, rev.2013)[日本初演]

全席指定:
一般 ¥3,000 学生 ¥1,000(税込)

■2018年度武満徹作曲賞本選演奏会
2018年5月27日[日]15:00
東京オペラシティ コンサートホール

審査員:ウンスク・チン
指揮:杉山洋一
東京フィルハーモニー交響楽団

[ファイナリスト](演奏順)
ルーカス・ヘーヴェルマン=ケーパー(ドイツ):量子真空
パウロ・ブリトー(ブラジル/アメリカ):STARING WEI JIE TO DEATH〜 シンフォニック・エヴォケーション、中国の故事による
ボ・リ(中国):SLEEPING IN THE WIND
バーナビー・マーティン(イギリス):量子

全席自由:¥1,000 (税込)

■コンポージアム2018「ウンスク・チンを迎えて」
https://www.operacity.jp/concert/compo/2018/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]