びわ湖ホールが2018年度ラインナップを発表

「千人の交響曲」からオペラ、GWの新・音楽祭まで多彩な内容

 びわ湖ホールで2018年度に行う自主公演のラインナップが出揃い、指揮者でびわ湖ホール芸術監督の沼尻竜典、山中隆びわ湖ホール館長、馬淵英明びわ湖ホール事業部長が出席しての記者発表が、11月22日に同ホールで行われた。オープンから20周年の新シーズン。進行中のワーグナー《ニーベルングの指環(リング)》全4部作上演は第2日《ジークフリート》を迎え、新たに「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭」をスタートさせるなど、充実の内容だ。

会見より びわ湖ホール芸術監督・沼尻竜典(左)とびわ湖ホール館長・山中 隆
写真提供:滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール

 「オペラ公演では完売も続くなど、売り上げはお陰様で好調。さらなる挑戦を続け、県内外の方々に『あって良かった』と思っていただけるホールにしたい」と 山中館長の挨拶。企画発表にあたり、馬淵事業部長は「特に、《ジークフリート》の上演、20周年記念のマーラー『千人の交響曲』、新たな音楽祭の開催、国内外の団体との連携-の4点が軸となる」と前置きした。
 「ホールのスタッフ全員で、マラソンをしているよう」と苦笑しつつも、やり甲斐を滲ませる沼尻。《ラインの黄金》に続く、《ジークフリート》の上演について「ミヒャエル・ハンペさんの大胆な演出には賛否両論あるが、全国のオペラ・ファンの議論を巻き起こした意義は大きい。今回も所属団体を超えたキャスティングで臨み、『オペラはどうあるべきか』の理想を追求してゆく」と語る。
 そして、20周年記念公演として、マーラーの交響曲第8番「千人の交響曲」を沼尻指揮の京都市交響楽団、びわ湖ホール声楽アンサンブルほかで演奏。沼尻は「オペラ・ガラだろうとの予想を裏切って・・・」と笑い、「これまでのびわ湖ホールのプロダクションに貢献して来た8人のソリストを人選。十分にガラ的な要素も含んだ記念公演になると思う」と自信を見せる。
 また、2010年からGW期間中に続けていた「ラ・フォル・ジュルネびわ湖」を終了し、沼尻プロデュースによる「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭」をスタート。初回は有料・無料あわせて70公演を予定している。「ラ・フォル・ジュルネではなく、34年前に僕らが企画した、桐朋の学園祭がモデル」と沼尻。「聴衆はもちろん、演奏家にも良い思い出となるものに。“ここでしか聴けない”を意識し、音楽祭がホールの新しい顔になれば」と語る。
 その他のオペラ公演では、日生劇場とのモーツァルト《魔笛》や、新国立劇場と提携してのプッチーニ《トスカ》、イタリア・バーリ歌劇場を招いてのヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》公演など、国内外の団体との連携を推進。初心者向きのシリーズ「オペラへの招待」では、モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》と、林光《森は生きている》を取り上げる。
取材・文:寺西 肇

びわ湖ホール
http://www.biwako-hall.or.jp/
2018年度公演スケジュール
https://www.biwako-hall.or.jp/2017/11/22/7767d365e07b22d8dc657186181b1efa.pdf

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]