大友直人(指揮) 東京交響楽団


 大友直人の邦人現代曲への取り組みには、一つの主張を感じる。「現代音楽は難しい」というイメージを打破し、同時代を生きる私たち日本人が素直に楽しめるメロディやハーモニーを積極的に客席に届ける――そんな信念を。
 名誉客演指揮者を務める東響の第99回東京オペラシティ定期は、大友の姿勢がよく表れたプログラムだ。まずは芥川也寸志、黛敏郎、團伊玖磨という人気作曲家たちが1953年に結成し、5回の演奏会を通じて戦後の作曲界を牽引した「三人の会」――現代音楽のレジェンドといってもいい活動――にフォーカスする。「弦楽のための三楽章『トリプティーク』」は日本的プリミティヴィズムがモダンな感性とドッキングした、芥川の代表作。中間楽章では鄙びた子守歌も聴こえてくる。團伊玖磨「管弦楽幻想曲『飛天繚乱』」は音聲菩薩(おんじょうぼさつ)という天女のさまを音楽化したもの。華麗な舞や笛の音などが、煌びやかな管弦楽によって彩られていく。大友はこの曲を91年に初演している。黛敏郎の「饗宴」は日本風メロディがジャジーなリズムと融合し、強烈なエネルギーを発散する。バーンスタインにも影響を与えたと言われるほどダイナミックな曲で、第1回「三人の会」で初演された。
 後半は“今を生きる音楽”。泉鏡花の原作を黛まどかが台本化し、千住明が音楽を付けたオペラ《滝の白糸》は、2014年の金沢初演時から評判を呼び、その後も再演を重ねている。今回はうち第3幕を、大友をはじめとする初演時のキャスト(ソプラノ:中嶋彰子、メゾソプラノ:鳥木弥生、テノール:高柳圭)でおくる。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ 2017年7月号から)

第99回 東京オペラシティシリーズ
8/20(日)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:TOKYO SYMPHONY チケットセンター044-520-1511 
http://tokyosymphony.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]