ボンクリ・フェス2017 “Born Creative” Festival 2017

子どもと大人が最高にクリエイティヴになれる日


 東京芸術劇場を会場として5月4日に開催される1日だけのフェスティバルが「ボンクリ・フェス2017」。作曲家・藤倉大がアーティスティック・ディレクターを務め、コンサートホールでのスペシャル・コンサートを中心に、ワークショップやデイタイム・プログラムなど、多彩なメニューが用意される。
 「ボンクリ」とは「ボーン・クリエイティヴ=Born Creative」、すなわち「人はみな生まれながらにクリエイティヴである」という意味。藤倉大が子どもたちに向けて作曲教室を開いた際、「すべての子は新しい音楽や新しい音、変な音が好きだ」と感じたという。その創造性は大人になるにつれて失われていくが、この「ボンクリ」は「大人になっても子どもの創造性を持ち続ける人たちの作品」に触れるためのイベント。つまり、言ってしまえば現代音楽のフェスなのだが、「ボンクリ」と呼ぶことで、ぐっとオープンな姿勢が伝わってくる。
 スペシャル・コンサートのプログラムには、藤倉大がデヴィッド・シルヴィアンと長年をかけて共作した「Five Lines」と「The Last Days of December」のライヴ版世界初演をはじめ、坂本龍一や大友良英の新作のほか、武満徹の「秋庭歌」、マデルナの「ひとつの衛星のためのセレナータ」、藤倉大のフルート協奏曲 (アンサンブル版日本初演)といった作品が並ぶ。演奏するのは、アンサンブル・ノマド(現代音楽アンサンブル)、伶楽舍(雅楽アンサンブル)、小林沙羅(ソプラノ)ほか。もちろん藤倉もエレクトロニクスで参加する。
 おもしろいのは「スクリームの部屋」。スペシャル・コンサートに入場できない未就学児と同伴者向けに、同公演が別室で同時中継される。0歳児から体験できる「ボンクリ」。これは妙手だ。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ 2017年5月号から)

<デイタイム・プログラム>
5/4(木・祝)11:00〜17:00 劇場内各所
<スペシャル・コンサート>
5/4(木・祝)17:30 コンサートホール
東京芸術劇場
問:東京芸術劇場ボックスオフィス0570-010-296
※ボンクリ・フェス2017の詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。
http://www.geigeki.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]