セドリック・ペシャ(ピアノ)

“リピートなし”で見えてくるゴルトベルクの核心


 すみだトリフォニーホールでは、J.S.バッハの名曲「ゴルトベルク変奏曲」のコンサートシリーズを展開している。10回目を迎える2017年は、フランスとスイスの2つの国籍を持つピアニスト、セドリック・ペシャが登場する。
 02年のジーナ・バッカウアー国際ピアノ・コンクールの覇者であり、ヨーロッパはもちろん中国、北米、南米、北アフリカでツアーを行うなど、その活動は精力的だ。ペシャは一切のリピート(繰り返し)を排した「ゴルトベルク変奏曲」の演奏で知られている。アリアと30の変奏からなるこの作品は、通常はそれぞれの曲の中間と終わりでリピートし、60〜80分をかけて演奏されるが、ペシャは繰り返しを避けることで、すっきりと明快な印象の作品像を提示する。当然ながら演奏時間は約40分と短くなる。
「リピート付きで演奏したことも何度かありますし、その良さもあります。ただ個人的には、リピート無しの方が好きですね。音楽が決して後ろ向きとならず、いつも前向きに発展していくため、よりダイナミックに感じられるのです」
 リピート無しの演奏によるペシャのCDは、04年にリリースされ注目を浴びたが、「ステージで何度も演奏するうちに、自分の中の創造性が感じられなくなった」ことを理由に、14年まで「ゴルトベルク変奏曲」の演奏を封印した。
「その間は、『平均律クラヴィーア曲集』や『フーガの技法』など、バッハの他の傑作に取り組んでいました。そして再び『ゴルトベルク』に戻ると決めた時、新しい楽譜を買って、10年前の感情や考え、挑戦しようとしたことをすべて忘れ、一から作品と向き合いました。これは私にとって素晴らしい経験でした。そして今、この曲に対するヴィジョンは12年前から大きく変化しています。厳格な構成と自由さとを持ち合わせたこの作品は、精神性、心理ゲーム、深い感情、そしてウィットに満ちており、その解釈には感情と知性とが求められます」
 このリサイタルでは、フレスコバルディ、ブラームス、ウェーベルンの変奏曲も取り上げる。
「国も時代も異なる4人の天才が、『変奏曲』という枠組みの中で、一つの素材からいかにファンタジーを広げ巨大な世界を作り上げていくのか、そこに注目していただきたいですね」
 小津安二郎と溝口健二の映画のファンであり、日本人の友人も多いと語るペシャ。日本デビューとなる今回のリサイタルに大いに期待したい。
取材・文:飯田有抄
(ぶらあぼ 2017年2月号から)

トリフォニーホール《ゴルトベルク変奏曲》2017
セドリック・ペシャ ピアノ・リサイタル
2/17(金)19:00 すみだトリフォニーホール
問:トリフォニーホールチケットセンター03-5608-1212
http://www.triphony.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]