尾高忠明(指揮) 東京フィルハーモニー交響楽団

信頼関係がもたらす、精緻な抒情と躍動

 東京フィルの今期の定期演奏会は、ポストをもった外国人指揮者が大半を受け持つ。そこに“割って入る”稀少な邦人指揮者の一人が尾高忠明だ。それは長年の信頼関係あってこそ。彼は1974年から91年まで同楽団の常任指揮者を務め、桂冠指揮者となった91年以降も定期や特別演奏会の常連となっている。この40余年の絆が一体感のある演奏を生み、特に昨年7月のマーラーの交響曲第9番は、聴く者に深い感動をもたらした。
 彼は今期、6月の東京オペラシティ定期で、オール・ドヴォルザーク・プログラムを披露する。演目は、序曲「謝肉祭」、チェロ協奏曲、交響曲第8番。各ジャンルの代表作が並ぶと同時に、ボヘミアの民俗色が前面に出された、活力と哀愁が漲るプログラムだ。尾高は札響との海外レーベル録音第2弾にその後期交響曲を選ぶほどドヴォルザークが十八番。清冽な抒情性に充ちた、造型確かで精度の高い演奏は、民俗的要素を西洋様式の中に昇華させた同作曲家の本質を、明確に伝えてくれる。
 ソリストは、チェロ界の若き注目株、岡本侑也。1994年に生まれ、東京芸大を経て、現在ドイツ・ミュンヘン音楽大学に留学中の彼は、2011年日本音楽コンクールで優勝後、第一線で演奏活動を展開。すでに都響、日本フィル、新日本フィル等と共演し、「大器を予感させる才能」と賞されている。彼は、しなやかなテクニックをもち、巧まずして雄弁な音楽を聴かせる稀有の実力者。同楽器の最高傑作でのフレッシュな表現に期待が集まる。
 初夏の夕べに、名匠と俊英が名楽団と紡ぐ名旋律の数々を満喫しよう!
文:柴田克彦
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年6月号から)

第102回 東京オペラシティ定期シリーズ
6/10(金)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:東京フィルチケットサービス03-5353-9522
http://www.tpo.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]