柴田智子プロデュース アメリカンシアターシリーズ Vol.1 DECEMBER SONGS

ブロードウェイ版“冬の旅”

 アメリカの“声の音楽”の第一人者だ。ニューヨークで学び、クラシックからミュージカル、民謡まで、「アメリカ」を幅広く歌うソプラノの柴田智子が、新たに『アメリカンシアターシリーズ』をスタートする。
 その初回は、『ナイン』『タイタニック』などで知られるミュージカル作曲家モーリー・イーストン(1945〜)の「ディセンバー・ソングズ DECEMBER SONGS」を紹介。カーネギーホール開館100周年(1991)記念の委嘱作品で、シューベルトの「冬の旅」にインスパイアされたという全10曲の歌曲集だ。雪のセントラル・パークをさまようアラフォー女性の失恋、喪失、そして再生…。
 作曲者自身によるテキストは、「冬の旅」同様、歌曲集全体でひとつのストーリーを形作っている。シューベルトを想起させる旋律も散りばめられているが、もちろんブロードウェイの一流作曲家らしい、洗練されたエンタテインメントに仕上がっている。今回柴田は、この歌曲集をコンサートの形ではなく演出付きで上演する。
 さらに、プログラム前半にはこの物語の序章に見立てたミュージカル・ナンバーを置き、「DECEMBER SONGS」を主体としてプログラム全体がひとつの流れを持つショーとして構成されるのだ。まさに“アメリカン・シアター!”理屈抜きで楽しめそう。
 共演に『レ・ミゼラブル』などで大人気の東京芸大出身イケメン・ミュージカル俳優、上原理生(りお)。ピアノは内門卓也。日本語字幕付き英語上演。
文:宮本 明
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年11月号から)

12/10(木)18:45 Hakuju Hall
問:T.S.P.I.INC. 03-3723-1723
http://www.tspi.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]